San Francisco Bay Area*photo dairy〜2016年1月に帰国しました

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 23日

英検1級への道

ただ今、息子は英検1級合格を目指して少しずつですけど勉強してます。

1年前に娘が1級を受験した時は、問題集をちょっとやったくらい。ほとんどは塾の中学受験対策がそのまま英検合格に結びついたと思います。
だから私は娘の1級取得の勉強には全く関わっていません。

息子は自分で「中学受験する」と言う強い意志もあるし、「英検1級取りたい」と言う気持ちもあるのですが、
そのために「自分から進んで勉強する」と言うことができません119.png

今でも勉強するのは「ご褒美のゲームをするかyou tubeを見るため」です。

選択肢は学校の宿題(音読含む)か、英語塾の宿題か、英検の勉強しかないのに、
毎日、「(今日は)何すればいい?」と聞いてきます141.png

ちなみに英検の勉強とは、「英検の問題集」か「ボキャブラリー」のどちらかです。
問題集を解いても間違った問題の見直しをやりたがらないのですが
問題集1冊全部覚えるくらい出来るようになって欲しいです125.png

英検1級は、私が見る限り、ボキャブラリーのPart1がめちゃめちゃむずかしいですよね。。。
それに比べると、長文読解(?)はPart1のボキャブラリーほど難しい語彙は出てこないですけど、
内容が子供には難しいかも。。。と思いました。
長文に圧倒され、ちゃんと読んでいないのでぱっと見の印象でしかないのですど^^;

長文を読んでやっと解答する3問と、ボキャブラリー部門の3問の点数は同じですよね???
長文の内容が難しければ、ボキャブラリーで点数を稼げばいいのでは???

英検1級合格対策って、年代によっても力を入れるべきところが違うかなぁと、私は感じました。

先日、息子は1級の2017年2回の過去問にチャレンジしました。

準1級の合格後、1級のボキャブラリー対策を細々と続けていた効果か、ボキャブラリーは16/25で思ったより出来ました。
Part2はなんと1/6! Part3も4/10しか取れてませんでした。
トータルのリーディングパートの得点は21/41。
とっても低いですけど、これ、娘が1級合格した時と全く同じ点数です。
娘はボキャブラリーがボロボロでPart2とPart3は結構出来てました。

長文を理解している娘と、主にボキャブラリーだけ理解している息子のスコアは同じと言う結果。

半分しか得点してなくても、リスニングとライティングが良ければ合格もあり得るのです♪

ちなみに息子のリスニング得点は21/27。娘は 22/27だったので1点上。

ライティングが課題ですけどね

ボキャブラリーは漢字練習と同じで、得点に結び付きやすいですよね。
もちろん、どんなボキャブラリーが出題されるかわからないので、覚えなくてはいけない単語は膨大ですけど。。。

難しいテーマの長文対策をするよりは効果的なのでは、、、と思ってます。

ライティングは「何書いていいかわからないからやらなくていい?」と泣き言を言ってきたのですが、
「(アメリカのお友達)R君も同じテーマのエッセイを書いて合格したんだよ!」と言ったら、「じゃあ書いてみる。。。」と言って取り組みました。

色々課題はありましたが、諦めかけていた割には、ポイントはずれていなかったので、3月から始まる英語塾でのエッセイ対策でコツは掴んでいくのかなぁと期待します。

その後、練習問題のエッセイを書かせたら、書き出しがセンセーショナルすぎて、英検のライティングとはだいぶずれていたのでまだまだ課題はありますが119.png

息子は自分で「次(6月)の英検は受験する」と決めているので、1発合格を目指してがんばって欲しいです♪

[PR]

by cozySFlife | 2018-01-23 00:02 | 子供の英語学習 | Comments(2)
Commented by Kyon at 2018-02-01 04:16 x
Tくん、頑張ってるね。6月に受けるって、自分で目標設定しているところがすごい。
KAのエッセイ対策も始まるんだね。期待できるね!

こちらで受けると、LAまでの旅費やら労力やら時間やら、何かと大変だからHには日本に帰ってから受けてもらう事にします。。
Commented by cozySFlife at 2018-02-04 22:11
Kyonさん
目標にはしてるけど、進んで勉強してないのはどうかなぁと思っちゃう^^;
文章を書くのが好きじゃないから、エッセイはかなり訓練しないとね〜
塾で鍛えてもらうしかないね。
R君を見習ってほしいわ^^
Hちゃんも帰国したら準1級も1級も一気に取れちゃいそうだね〜



<< 読書の記録      San Carlosの可愛いカフェ >>