San Francisco Bay Area*photo dairy〜2016年1月に帰国しました

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 22日

アメリカから来日してくれたお友達と浅草観光

もう3ヶ月近く前のことになりますが、夏休みを利用して、アメリカのスイムチームのチームメイト、ブランドンファミリーが日本に遊びに来てくれました。

ブランドンと息子とは学校は違うのですが、すごく近所で、同い年で、同じスイムチームに所属し、最後の半年くらいで急速に仲良くなりました。
They always played nicely.って感じでした。

ブランドンの兄、ライアンは、日本では娘より一つ年上なのですが、アメリカでは娘と同じ学年で同じ中学に通ってました。

兄弟顔がそっくりで、二人とも穏やかな性格でユーモラスでとってもいい子たち。

お母さんは韓国生まれのブラジル育ち、高校からアメリカなので、3ヶ国語話せて、ちょっと厳しい印象もあって、最初は苦手でした。
でも、子供同士が仲良くなって、話すようになったら、教育のこととか、アジア人なので価値観が似通っているところもあって、すごく話しやすい。
とてもきれいで分かりやすい英語を話してくれるし、私が英語につまっても、guessして色々と言葉を補ってくれるので、会話がもちました(笑)

ブランドン兄のライアンと娘は2時間ガシガシ泳ぐ上級グループに属していて、ブランドンと息子は1時間泳ぐグループだったので、練習時間がずれていることもあって、兄姉が泳いでいる間、二人でゲームしたり、暇なコーチと戯れたりして、長い時間を一緒に過ごしていたのでした。

ブランドンは息子の帰国が近づいた時は悲しくて家で泣いてくれてたそうですよ145.png

帰国する時、ママのアネットが「絶対に日本に遊びに行くわ!」って言ってくれてたけど、まさか本当に来てくれるとは思ってませんでした。

(ちなみに、昨年は娘の親友のクレアも夏休みに日本に来てくれたんです!、ありがたやーー)


さて、海外からお友達が来てくれた場合、1日観光だとどこに行ったらいいのかしら。。。と、かなり迷いました。
で、ファミリーは浅草の某ホテルに滞在する、と言うことなので、浅草観光になりました^^


ホテルのロビーで待ち合わせて、感動の再会!
と言っても、子供達、最初はそれぞれ恥ずかしそうな様子でした。



まずは浅草寺に行ってみようってことで、、、

e0240529_23151877.jpg

実は私も浅草寺は初めて。
説明できるように、事前に下調べしておきました。



ブランドンファミリー。
パパはアメリカ生まれの中国人。ん?両親が中国人でアメリカ人、、、ってことですよね?
とってもユーモラスで、ボケ役の方。
ママはツッコミ。
二人のやりとりがかなーり面白かったです。
子供達は素直で穏やかで、でもおちゃめで社交的。反抗期というものは訪れなそうな感じです。

こう見ると、普通の日本人ファミリーですね(笑)

e0240529_23190262.jpg

なぜか、ママのアネットがパパのデイビッドに「あなた、ほんと意地悪ね(mean)」と言うのを何度も聞いたことがあります。
パパが冗談?で子供達やママに落とすようなことを言うと、ママが「ホント、意地悪!」と(嫌そうに)言う。。。
日本人ぽくて共感(笑)


最初の照れくささがなくなった頃に子供達の記念撮影。
ボーイズばっかりでつまらない〜と言ってたら、娘の学校の同級生Hちゃん(帰国生)が一緒に来てくれることになりました。
Hちゃんとは部活も一緒だし、最寄駅も一緒というご近所さん。

e0240529_23345047.jpg


ブランドンファミリーがかなり気に入ってたのが、下の画像、後ろに見えるのお線香を炊く巨大な壺?
私が、「あのけむりを頭にかぶると頭が良くなるって聞いたような」と適当なことを言ったら、
アネットがデイビッドに「あなた、毎朝、ここに来て煙をかぶった方がいいわよ! 物忘れがひどいから」と、何度も言ってました(笑)


e0240529_23324307.jpg

この後、ブランドンファミリーのお友達母娘も合流して、お昼ご飯を食べに行きました。

行ったのは権八。


10人の大所帯だったので、予約をしておきました。2階の窓側席で見晴らしも良かったです。
ブランドンファミリーはもともと日本食が大好きで、特に兄ライアンはうどんが大好物です。
普通にお蕎麦とか天ぷらとか食べるので、喜んでくれました。
他にも2グループほど、外国人の団体さんがランチしてましたよ♪
外国人に人気のお店なのかな?

アネットもデイビッドもお友達ママもビールを注文。
アメリカに住んでいるアジア人はアルコールを飲まないイメージだったので内心びっくり(笑)


食事も済んでお腹も満たされたところで浅草寺に戻りました。


ちなみにこの日は猛暑でした。
暑くて暑くて、お寺なんかにいたい気がしなかったのですが、アネットは私のつたない説明を、すべて興味深そうに聞いてくれました。

子供達がかき氷が食べたい!と言うので、浅草寺近くのかき氷屋さんに入りました。

e0240529_23322865.jpg

オーダーは私が取り仕切ったんですが、ここの店員さん、外国人(アジア系)のみのお客さんにはかなり横柄でびっくり119.png
日本語が分からずモタモタしているのがイライラするんでしょうか。
日本語が分からないと思って、「じゃまじゃま」とか言って、聞いていてとても不快でした。。。

アネットや子供達が嫌な気持ちにならないと良いけど。。。と思いましたが、気づいた様子はありませんでしたε-(´∀`*)ホッ

さて、あてもなくぶらぶらしていると、金魚すくいやさんを発見。
子供達が興味を示し、金魚すくい遊びをすることになりました。

金魚すくいって結構難しそう

e0240529_23194678.jpg

アネットのお友達ママはこちらの風鈴が気に入ったみたいでお土産に買ってましたよ。
東京が楽しくて楽しくて、時間が足りないって言ってました。
京都にも行ったけど、東京でやることが多すぎて、東京滞在を多めにすれば良かった、って言ってました。

e0240529_23304290.jpg

今回、初めて日本を訪れた人の感想をいろいろと聞いて、とても興味深かったです。

ブランドンファミリーが滞在したホテルのバスルームは、どうやら典型的な日本の家庭のお風呂だったみたいで、
「ホテルのバスルームがなんだか面白いの。バスタブにはシャワーカーテンとか仕切りがなくて、シャワーホースがバスタブから離れた変な位置にあって、バスタブにもバスタブの外にも排水栓があるの。」
と言ってました。

「それは典型的な日本の家庭のお風呂のスタイルだよ」と言ったらとても驚いてました。
「えーーー?バスタブでは何するの?」と、、、(笑)
バスタブにはただ浸かるだけで、体はバスタブの外で洗うんだよーと説明しました。

なんだか新鮮でした!

あとは、「ホテルの部屋にコーヒーが置いてあったんだけど、袋に入ってて、折り紙みたいにペタっとなっていて、それを広げてカップの上に乗せると、Brewing coffeeが飲めるのよ〜、あれいいわね!アメリカで買えないかしら?!」
とドリップコーヒーの個別パックをとても気に入ってました。

とても裕福なファミリーなのに、「でも、後であれは有料だったらどうしようと心配してるの」と言ってて笑えました。

この人たち、大好きだわ〜と思いました。

別れが名残惜しかったです。

次は私達がサンフランシスコに行って、一緒の時間が過ごせるといいなぁ。。。

[PR]

by cozySFlife | 2017-10-22 01:01 | おでかけ | Comments(0)


<< 帰国子女小5息子 英検準1級2...      帰国子女 小5息子 英検準1級... >>