San Francisco Bay Area*photo dairy

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 30日

5年前の今頃

先日、在米時に仲良しだったKyonさんと子供達(R君とHちゃん)が一時帰国で遊びに来てくれました。

ちなみに昨年の今頃、ブログをサボっていたので書いてませんが同じく在米時に仲良しだったSatyさんと子供達とも一時帰国で感動の再会が出来ました♫
Satyさんとは子供抜きで、某中学校の帰国入試説明会にも参加したのですが、説明会よりも前後のおしゃべりに夢中でした(笑)

Kyonさんと子供達には1年半ぶりに会ったのに、すぐに昨日までずっと一緒だったような気分になりました。
R君と別れた後、息子は「R君と会わなくなって5時間経ったね、24時間経ったね」、と悲しいカウントアップしてますが。。。

Kyonさんから小学校の様子などを聞くにつけ、私の今の日常とは違う何やら楽しそうな日々に心底うらやましくなりました、はぁ〜。
子供達も私も、アメリカでの色々な生活が大好きだったんだなぁと思います。

在米時からうすうす感じてはいましたが、あの頃は非日常的な日常を過ごしていたんだと感じます。
今は通常の日常を過ごしています^^

なんとなく、5年前の今頃、どんな風に過ごしていたのかなぁと自分のブログを読み返してみました。
すると、、、誰がどう思おうと、今の私から見るとキラキラと充実した日々を過ごしているではないですか!

5年前の今頃は2012年6月、渡米して1年近く経った頃です。

子供達もだいぶアメリカの生活に慣れてきたし、拙いながらもお友達と英語でコミュニケーションを取れていた頃です。

それでも、子供達の学習面、英語だったり日本語だったり、、、私はいつも焦っていました。
実は、うまく文章にできなくてアップ出来ていないままの記事もいくつか残ってます。

子供達と同じ現地校に通う、永住の日本人の生徒さんがいました。
忙しいママに代わっておばあちゃまが学校の送迎をしてました。
おばあちゃまのTさんはご自身も駐妻を何度かされていて、新米駐妻の私たちの気持ちを理解してくださっていました。

渡米後の子供の学習面(英語力)に関して、「最初は暗いトンネルの中にいるような感じだけど、そのうち小さな光が見えてくるのよ」とおっしゃってました。

私は、「光はいつ見えるんだろう、いつまでも見えないよ。。。」
と感じていたのを覚えてます。

5年前の今頃は夏休みで、子供達は様々なサマーキャンプを楽しんでいて、それを見ている私も楽しんでいます。
ブログを見ると楽しそうな日常を綴ってますが、心の深いところではいつも焦りと不安を感じていたのをよーく覚えてます。

でも、やっぱりTさんがおっしゃっていた通り、最初は暗いトンネルにいても、いつの間にかトンネルから抜けているのです。

帰国すると、また違ったトンネルに入る、とも言えますが、やっぱり渡米当初に比べると短いトンネル。。。と思いたい^^

渡米して間もないご家族は色々と不安を抱えていると思いますが、何年かして、振り返ると、キラキラした日々だったときっと感じることが出来ますよ〜
と伝えたいです❤️





[PR]

by cozySFlife | 2017-06-30 01:21 | 帰国 | Comments(2)
2017年 06月 24日

母子で英検準1級受けてみた〜解答状況

昨日、ポストを覗いたら2017年第1回英検一次試験の個人成績表が届いてました。

息子はリスニングの解答をメモしてなかったので、正確な点数は分かりませんでした。
結果を見ると、リーディングはメモ通り31/41点。
不正解10問。
大問1は21/25だったので、かなりがんばったと思います。

リスニングは23/29で自己採点よりも良かったです。
リーディングもリスニングも結構頑張ったと言って良いと思います!

CSEスコアが500/750だったライティングはと言うと。。。

内容:課題で求められている内容が含まれているか 2/4
構成:英文の構成や流れが分かりやすく論理的であるか 1/4
語彙:課題に相応しい語彙を正しく使えているか 2/4
文法:文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか 2/4

でした。。。
構成は1点しかもらえなかったんですね。文が論理的じゃなかったんでしょうね。

はぁー。。。
そもそも小学生が論理的に、意見を書くのはハードル高いですよね。

この部分がちゃんと出来て、小4で英検準1級が受かった周りの子達、がんばったんだなぁって思います。

英語が出来ても、論理的な意見を書くという、引き出しはそれほど多くない小学生達。。。

それに比べ、小学生と比べると経験値はだいぶ高く、ただ、意見を英語で書ければ高得点取れるおばちゃん(=私)

エッセイは帰国子女に有利、と思っていたけど、人それぞれだということがよーく分かりました。

1次さえ突破すれば、きっと2次試験は問題ない息子。
一方、1次はなんとかなるけど、2次試験に難ありなおばちゃん(=私)
2次試験で落ちたら、次回、息子と一緒に受けて合格することを目標に、、、
気軽に受けてみようかと思います






[PR]

by cozySFlife | 2017-06-24 00:30 | 子供の英語学習 | Comments(0)
2017年 06月 21日

母子で英検準1級受けてみた結果

小5息子と一緒に受けた英検準1級、2017年第1回の結果が出ました。
ウェブでの閲覧なのでまだ詳しい正答率などは分かりませんが。。。


残念ながら、息子は不合格でした。。。145.png145.png145.png

e0240529_22421266.png

リーディングとリスニングのスコアはどちらも80%超えていて、結構頑張ったのに、ライティングで全然スコアを取れませんでした。

ざっくりと書いた内容は聞いたんですけど、一体どんな文章を書いたのでしょうか。気になります。
ライティングであと50点取っていればギリギリ合格でした。
ライティングの50点くらい、ちょっとの差で取れるでしょうに。。。

次回はライティング対策しないといけませんね。
でもどうやって。。。


さて、私の結果、、、




e0240529_22491465.png

合格しました!

しかも、ライティングがまさかの満点でびっくり146.png

ライティングは娘にダメ出しされたし、書いた内容も自信なくて、どちらかと言うとボロボロだったかも。。。
と思ってました。
難しい単語は一切使ってません。
スペルミスで自爆するのも怖いし、そもそもボキャブラリーアピール出来るような難しい単語が思い浮かびませんでした。

小洒落た言い回しも使ってません。

模範解答を読んでみて撃沈してた私。

ちなみに、今回のお題は"Agree or disagree: Japan should become a completely cashless society"

私は反対の立場で書きました。
"I disagree with the idea that Japan should become a completely cashless society. There are two reasons to support my opinion."
イントロダクションはこれだけ。模範解答のように言い回しを変えたりしてません。
"There are two reasons to support my opinion."は息子が使う言い回しをパクりました(笑)

主張はCrime、Effect on business、 Effect on consumers、 Privacyの4つのポイントから2つ選ばなくてはなりませんでした。
私はなんとなく、Effect on consumersとPrivacyを使いました。

実はちょうど、この日の朝、電車に乗る前に息子のスイカの利用履歴をチェックしたんです。
どうも、スイカでジュースとかお菓子とか買っている疑いがあったので( ̄ー ̄)

案の定、何度か使ってました。

で、その事を書きました。
「キャッシュレス社会は消費者に影響を与えます。10歳の私の息子が良い例です。私は息子にバスとか電車などの交通用に電子マネー(スイカの事)を持たせていますが、私の許可なく、何度かジュースやお菓子を買うのに使ったと言うことが最近わかりました。
cashless societyでは、親は子供がお金を使うのをコントロールするのが難しいです」

「もう一つの問題はプライバシーです。クレジットカードや電子マネーなど、個人情報を登録しなくてはならず、セキュリティーが心配です。cyber crimeの心配があります。」みたいな事を書きました。

リーディングパートは結構早めに終わって、ライティングの時間も30分以上あった気がするのですが、書く内容をかなり迷って、書き直したりしているうちにどんどん時間が過ぎてしまい、2つ目のポイントと結論は最後の2分くらいでやけくそになって、適当にまとめてしまいました。

結論は、"In these reasons, I disagree with the idea that Japan should become a completely cashless society."と言う単なるイントロダクションの繰り返しで終わらせてしまったのに、、、

こんなライティングに満点をつけてくれた私の採点者様に感謝します!

そして、息子には次回はライティングをがんばってほしいなぁ。


実は準1級のリーディングはあまり難しく感じなかったです。
日頃から子供達に「ママ〇〇って英語でなんて言うの?」「〇〇は日本語でなんて言うの?」
と聞かれることが多く、思い出して答えたり、思い出せなかったり自信なかったりして調べて伝える機会が多く、昔勉強したことがある、または未知のボキャブラリーをキープしたり、増やしたりしているからなのかなぁと感じました。
子供達の英語学習は、私が今更ながら英語を勉強する良いモチベーションになっていると思います。

リスニングはパート1は難しくなかったですが、パート2とパート3は前の問題を引きずって、ナレーションの出だしを逃すとその後集中出来ませんでした。
特にパート2はかなり疲れました。
ただ、問題文やスクリプトを読めばわかると思いますが、リーディングと違って難しいボキャブラリーは出てこないです。
リスニングは英語を聞き慣れていれば高得点取れるパートです。
合格する人はみんな出来ちゃうのでCSEスコアはあまり伸びませんが。。。


さて、次は私が一番苦手とするスピーキングのテストです。
準1級2次試験は80%の合格率だそうですが、私は残りの20%に入ってしまう自信があります、、、

こちらも買ったのですが、やっぱりボロボロ。。。
しっかり練習して2次試験に臨みたいと思います!







[PR]

by cozySFlife | 2017-06-21 19:40 | 子供の英語学習 | Comments(0)
2017年 06月 08日

母子で英検準1級受けてみた

先日、2017年度第1回英検準1級を息子(小5、帰国後1年半)と一緒に私も受けてみました。

息子に過去問をやらせてみると、合格の可能性はかなり微妙。
特にエッセーは主張が意味不明。。。「このthey とかthemって誰?何?」とか、、、
お題の条件の「次の4つのポイントのうち2つを使って書きなさい」を全く無視して、勝手に理由付けしてたり。

それでも、周りのお友達(帰国または在米)が続々小4で準1級を取っていたりしたので、「挑戦してみる?」ってことで受験申し込みしました。

合否微妙と思いつつ、受験料も高いので出来れば一発合格して欲しいと言う願いで、過去問とか問題集を使って対策しました。

まずは娘が準1級を受けた時に使ったこちら
上は7日間完成とある通り、薄い問題集なので、その後こちらも追加
1回に3日分ずつくらいしてもそれほど負荷はかかってなかった様子。

で、英検のホームページに出ている過去問過去3回分を2回ずつ解かせました。


過去問の採点をしていて、わからない語彙とか、復習させたいな。との思いで、息子が間違った問題を中心に、
息子のために難しそうな語彙を書き出してみたりしました。

そんなことしてたら、急に「私も受験してみようかな」という気になりました。

私は大学生の時に英検2級の1次に受かったものの、2次では全くしゃべれず、2回も不合格になり、その後2度と英検に受かる気がしなかったので、一度も受けないままでした。
今、息子にとってハードルの高い試験を受けさせているのだから、私もがんばってみたら、息子も頑張ってくれるのでは???
と思い、衝動的に(締め切りギリギリに)受験申し込みをしました。

ライティングは自己採点出来ないけど、リーディングとリスニングは行けそうでした。
英検用の勉強は過去問を1回解いただけなんですけど、普段から英語に触れている気がするのでなんとかなりそうでした。
どう触れているのか、と言うと、子供の宿題を(勝手に)見たり、子供が英語塾で推奨されているニュースサイトを見てみる、とかなんですけど、
こんな程度でも意外とボキャブラリーのアップに役立ったりする気がします。

さて、受験票が届いてホッとしたのもつかの間、息子と私の試験会場の場所は同じなのですが、建物が別になっていました。
同じ敷地内なので問題ないかもしれませんが、個人情報の記入のため、ギリギリまで息子に付き添いたかったので(because息子、日本語苦手)、
メールで試験教室(建物)の変更を依頼、その後お電話をいただいて変更を確定していただきました。

息子の個人情報記入後、自分の教室に戻り、試験を受けました。
問題を解きながら、「これ、息子に分かるかなぁ」など考えてしまいました^^;

受験した印象では、私はライティングがボロボロだったかも。。。
最終的にラインティングの時間が押してしまい、序章と結論を全く同じセンテンスで記入することになりました。

後で娘にこの事を話したら、「え?ママそれはダメだよ、序章と結論は違う言葉で書かないと。全く同じなのはダメ」
中1にライティングをダメ出しされてしまいました。

息子のライティングの内容を聞いたけど、どうなんでしょ。
全く予想つきません。

ちなみに自己採点によると、息子リーディング31/41(Part1: 21/25, Part2: 5/6, Part3: 5/10)
リスニング21/29(Part1: 11/12, Part2: 6/12, Part3: 4/5)
ライティング次第かな???

私リーディング36/41(Part1: 20/25, Part2 6/6, Part3 10/10)
リスニング24/29(Part1: 11/12, Part2: 10/12, Part3:3/5)
ライティングが全く自信ないです。。。

ちなみに息子がボキャブラリーが結構出来ててびっくりしました。
リーディングPart3があまり出来てないのは読解問題が面倒に感じたのかもしれない。。。

とにかく、息子と一緒に1次突破すると嬉しいなぁ♫

[PR]

by cozySFlife | 2017-06-08 01:31 | 子供の英語学習 | Comments(0)
2017年 06月 04日

中学校生活

前回の更新から3ヶ月開いてしまいました。

娘は中学に入学し2ヶ月経ちました。
入学後2〜3日で「学校すごく楽しい!」と言ってましたが、その後も楽しい気持ちは変わらず、中学生活を楽しんでいます。

同じクラスには帰国受験塾のクラスメートもいましたし、最寄駅が同じクラスメートも何人かいるので安心です。
帰国生の英語の取り出し授業もとても楽しいみたいです。
こちらも帰国受験塾のお友達が何人かいるので入っていきやすい環境だったのかもしれないです。
帰国生の英語授業はすべてネイティブの先生が担当して下さいます。
英語で授業を受け、英語を話せるのがcomfortableだそうです。
英語の授業はは毎日あるし、英語力もimproveしていくように感じるそうです。

そうそう、帰国生の一般的なイメージは「我が強い」「気が強い」「空気読めない」「積極的」だと思うんですけど、
娘はシャイだし、目立つの嫌いだし、人の目を気にするタイプです。
娘の学校の帰国生は娘と似たタイプの子が多いらしく、そんなところも居心地良いみたいです。

国語や社会(歴史)は特にキツいなぁと感じるそうです。
国語も帰国生用の取り出し授業なんですが。。。

歴史漫画買ってほしいと言われました。
6年生の時に歴史漫画読む?って聞いたら拒否されたんですけど、自分から読みたいと言うので買ってみようかな。

まだ朝練もなくゆるい活動ですが部活にも入り、帰宅時間も7時近くになります。
娘にとっては宿題も大変みたいだし、すべてにおいてパパッと要領よく出来ないタイプなので、毎日寝るのは12過ぎ。

帰宅後、静かだな、と思ったら制服のままベッドで寝てることもΣ(゚д゚lll)

中1の1学期だからか、私も毎週末のように学校に行く用事(学年保護者会、帰国生保護者会、進路説明会、部活保護者会、その他いろいろ)があって忙しいですけど、
学校の様子も分かるし、他の保護者の方とお話し出来る機会があるのはありがたいです。

ご縁があって入学した学校の保護者の方のお話って、共感出来たり、安心したり、尊敬出来たり、、、
保護者にとっても居心地良いかも!と感じる今日この頃。


[PR]

by cozySFlife | 2017-06-04 00:35 | 帰国 | Comments(0)