San Francisco Bay Area*photo dairy

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 26日

イヤーブック写真編集のボランティア

今日、今週末で締め切りとなっているイヤーブックの編集作業を終える事が出来ました。
肩の荷が下りた〜〜〜ε-(´∀`*)ホッ

e0240529_16594636.jpg

敢えて画像を悪くしましたがこんな感じ♪
私が編集したのは右側のページ。

編集にあまり自由度がなく、「この写真は上部をカットしたかった」とか
「この写真は左をもっとカットしたかった」とか
「この文字部分はカットしたかった」とか色々と不満はあるけど、
自分で編集したので希望の写真は全部使えたのは満足♪

息子のclassのphotographer3年目。
主な仕事はyearbookに使う写真を撮る事。
そして各イベントに参加出来ない他のママさんにもお子さんの様子を見てもらえるように、
撮った写真全てをShutterflyと言う共有サイトにアップロードします。

ただ写真を撮るだけなんだけど、イヤーブックのために!
と思っちゃうので私には結構プレッシャー。。。

少しでも使える写真を撮れるように、Art in Action(図工)はほぼ毎回、
ナントカPartyもほぼ毎回参加しました。


それでも、あまり撮ってない子がいたりするので、次回は絶対にあの子のグループ写真を撮らなきゃ!
とか職人気分^^;

年が明けるとイヤーブック編集が始まるので、撮りためた何百枚と言う写真の中から20~25枚ほど選定します。
全員がいずれかの写真に写っているか、なるべく平等に写っているか、
名簿とにらめっこしながら写っている写真の枚数をそれぞれチェックして注意深ーく選んで提出!

あとは総括がどんな風に編集してくれるか仕上がりを待てばOK。

ところが、昨年は、かなーり苦労して選定して提出した写真のうち2〜3枚は定型レイアウトに合わなかったのかカットされ、
何枚かはトリミングされ、そのせいでカットされてしまった子もいたり、、、

あんなに注意深く選んだのに・・・・・と残念な気持ちになりました。

もともと、イヤーブック総括から「自分のクラスの編集をしたかったら知らせて下さい」とclass photographer宛にメールをいただいていたこともあり、
今年は息子のクラスの編集もさせてもらう事にしたのでした。


それにしてもボランティアも3年目になるとかなーりトーンダウン。
理由は自分の冴えない英会話力なんだけど、、、


発展しない英会話力のせいで、言いたい事がすっと出てこないもどかしさから
会話するのが面倒と言うか、なさけない気分になりやすいと言うか、、、


あと、今年度は苦手かも〜と感じる(ボランティア熱心)ママさんがいてちょっと居心地悪いのもあって。

最近は毎回、行く前は憂鬱な気分でボランティアに参加してます。。。
後になってみると興味深かったな〜と思うんですけど。


ちなみに娘のクラスではボランティア参加も消極的になっちゃっているんですけど、
クラスMom(以前娘とトラブルのあった子のママ)からArt in Actionのヘルパーして!と言われたので、
「こんな英会話イマイチな私で良ければ」みたいな事を言って引き受けました^^;


4年生クラスなのに意外にもヘルパー申し出がたくさんいたので1年に3回か4回だけの参加で済みました^^;
(高学年になるとクラスMomもボランティアも減っている様子なのに)


来年はもうフォトグラファーはしたくないなぁと思う一方で、
私がお役に立てるのはこのくらいだし、、、
イヤーブックの写真は私が選びたいし、、、(自分の子をちょっと多めに登場させられる♪)
娘のクラスのphotographerもしてみようかなぁ。。。

とも思ったりしてます。


とにかく、もっと自然にボランティアを楽しめたらいいんですけどね〜(;´Д`)
[PR]

by cozySFlife | 2014-02-26 01:05 | at School | Comments(2)
2014年 02月 25日

2014 Happy Valentine's Day

もう10日も前の事だけど、イヤーブックに載せる写真を撮るために、息子のクラスのバレンタインパーティーの撮影係をしました。
e0240529_17534641.jpg


イヤーブック総括への写真提出期限は1月末だったのを、バレンタインの写真は外せないからと、
無理を言って2月14日まで締め切りを延ばしてもらいました。
e0240529_17542446.jpg



バレンタインの日にはピンクや赤の服を着てくる子が多いので写真映えするんですよね♪
背景もピンクっぽくて可愛いし。
e0240529_17581875.jpg


パーティーはいきなりスナックタイムから。
2月だって言うのに半袖率高かったです。
e0240529_17544681.jpg



おやつが済んだら教室に戻ってクラフトタイム。
今回は、全米の小学生に大流行のRainbow Loomのブレスレット作り。

うちの娘にもお誕生日プレゼントの一部として買いました。
その頃(たった数ヶ月前)はまだ2年生の間では流行っていなかったのに、今や男子でもキットを持っている子がいるくらいの人気ぶり。

クラスMomスジャータの娘ちゃんがみんなの前でデモンストレーションしてくれました。
今回は指で作れる簡単なフィッシュテイルという組み方。
e0240529_17551164.jpg



左の赤い服の男の子は自分のキットを持っていて馴れているので作業も早い☆
e0240529_17554927.jpg



うちの息子も作った事があったので割と早めに仕上げました。可愛いチャーム付き♪
e0240529_1756153.jpg



レインボウルームを作った後は恒例のバレンタインカード配り。
こちらは先生へのカードを入れる袋。
e0240529_1756346.jpg



こちらは子供達用。
シューズボックスを白いペーパーでラッピングして好きなようにデコレーションしたもの。
e0240529_175744.jpg



子供達がクラス内を右往左往して、それぞれのボックスに自分の書いたカードを入れ配達してまわる様子は可愛いしかなり笑えます(≧∇≦)
e0240529_17573326.jpg



配り終えると早速、誰がどんなカードをくれたのチェック。
カードに鉛筆とか消しゴム、その他小さなプレゼントをつけてくれる子もいます。
e0240529_17575776.jpg



最後はこれまた恒例の、先生へのプレゼント。
クラスMomがお菓子やお茶や癒しグッズなどを可愛い箱に詰めて用意してくれてました。
それから生徒から先生へのメッセージボード。
こちらもクラスMomスジャータの素敵なアイディアです。
誰にでも公平な態度で接していて、気配り上手で、堂々としていて、リーダーシップのある素敵なママさんです。
双子の娘ちゃんの2クラスでクラスMomをしてくれているので大忙しで本当に頭が下がります。。。
e0240529_17583754.jpg



子供達にとって楽しいイベントでした♪
[PR]

by cozySFlife | 2014-02-25 11:27 | at School | Comments(2)
2014年 02月 11日

2014 Read-a-Thon

先月末、子供達の学校での募金イベント Read-a-Thonがありました。
簡単に言えば、子供達は本をたくさん読み、大人(親や親戚、ご近所さん)はそのがんばりのご褒美に学校(学区)に寄付するイベントです。
昨年はうちの子達もがんばって、2週間で2000分くらい読みました。
昨年の様子はこちら→

100分毎に1つのロケット、500分毎に一つの☆をもらい、クラスと名前を書いて
ボードに貼ってもらいます。
うちの子にとってはこういうのもモチベーションになりました。
e0240529_14453230.jpg


このイベントのおかげで読書力もかなりついたし、何しろ子供達が読書好きに変身したのでありがたいイベントです。

今年は、週末に補習校に通っていてさらに日々の宿題もあるし、公文も大変になってきたし、
まとまった読書の時間は作りにくかったけど、最終的に娘は2500分くらい、息子は3000分ちょい読みました。

読書時間管理は完全に子供まかせだったので、計算もあっているのかどうなのか分からないけど^^;
「学校でも何分読書したので読書時間に加えて下さい」って先生からメールも来るので、
家庭で読んだ時間以外もかなり加えていたみたい。

今年は二人とも" A to Z Mysteries"シリーズにはまってせっせと読んでました。

A to Z Mysteries: The Absent Author (A Stepping Stone Book(TM))

Ron Roy / Random House Books for Young Readers



AからZまで26冊、さらにスペシャルエディション?でプラス4冊の計30冊。
レベルとしてはちょうど2年生向けみたい。
買ってもいいかなぁと思っていたけど、ほとんど図書館で借りる事が出来たので節約出来ました♪



他に息子は"Geronimo Stilton"シリーズを色々と。

Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)

Geronimo Stilton / Scholastic Paperbacks




伝記の"Who was... ?"シリーズ

Who Was Steve Jobs? (Who Was...?)

Pamela D. Pollack / Grosset & Dunlap



スティーブジョブスとかヘレンケラーとかアンネフランクとかリンカーンとか、色々。


あと、娘が読んだこちらも面白かったみたい。

Wonder

R. J. Palacio / Corgi Childrens





とにかく、このイベント期間中は空いた時間は全て読書にあて、姉弟ケンカの少ない平和な2週間でした。


このために新たに本を買う事もなく、かなり図書館にお世話になり、家で眠っていた本も日の目を見たし、
読書レベルも、昨年からの成長を感じられたし、しぶしぶながら寄付しました(笑)
[PR]

by cozySFlife | 2014-02-11 09:50 | 子供の英語学習 | Comments(0)
2014年 02月 04日

2014 チャイニーズニューイヤー

先週の金曜日、1月31日はチャイニーズニューイヤー。
現地校2年生の合同イベントが行われました。

2年生のチャイニーズママ達は、この日のイベントの為に学校が始まった9月からミーティングをして色々と準備をしてくれていました。

私は今年も息子のクラスのPhotographerなのでイベントの様子を撮影してきました。

チャイニーズの子達による十二支の物語の紙人形劇(パペットショウ)。
青い台の後ろに子供達が隠れてます(笑)
e0240529_323861.jpg



この日は指定されなくても赤い服を着てくる子が多かったです。
うちの子は、、、すっかり忘れて青^^;
e0240529_3305670.jpg



パペットショウの後はチャイニーズニューイヤーに関するお話やクイズ。
毎年、チャイニーズママ達のボランティアでお勉強するのでチャイニーズ以外の子供達も色々と分かってます。


クイズの後はお楽しみスナックタイム。
e0240529_333420.jpg

春巻き、揚げ菓子?、みかん、、、

e0240529_3344328.jpg



お腹が満たされたら各クラスに戻り、紙ランタン作り。
e0240529_337216.jpg



春と言う漢字の切り絵。
子供達、みな真剣な顔で取り組んでました。
e0240529_3375593.jpg



出来上がり♪
e0240529_3382672.jpg



ランタンが仕上がったら、先生が本を読んでくれました。

その間にチャイニーズママが全員の机にお年玉を配っておいてくれました。
e0240529_431377.jpg


中身は1ドル^^


チャイニーズのお年玉って相場はいくらなのかなぁと思い、マイルズのママに聞いてみたら、、、

「私はマイルズに2ドルしかあげてない。100ドルあげたって言う人がいてびっくりした。
普通20ドルとか30ドルとかかなぁ。親戚中からもらえるからすっごくお金が集まるの。」
うんうん、私も子供の頃は親戚中からもらって毎年かなーり溜まりました。

まぁ、家庭それぞれって事ですね!

うちは今年はお年玉あげてないなぁ。

マイルズのママが用意してくれた赤い紙(ついれんと言うらしい)。
e0240529_3463536.jpg

マイルズのママのお友達の息子さんが作った詩だそうです。


教室前の木が青い空によく映えてました。
e0240529_3542545.jpg



それにしても色々と準備も大変だったようです。
チャイニーズのママ、子供達、楽しいイベントをありがとう☆
[PR]

by cozySFlife | 2014-02-04 10:15 | at School | Comments(0)
2014年 02月 02日

公文その後

子供達が公文に通い始めてかれこれ1年2ヶ月。
公文の宿題をめぐり、これまでの間、数々のバトルを繰り広げてきました。

レベルがアップした時の1ドルご褒美でモチベーションを上げたり、
枚数を減らしたり(先生の判断で勝手に減らされたり)してなんとか維持、、、

娘が、ReadingでD(4年生レベル)を始めた7月後半はかなり大変でした。
「やめたい!」とか「難しすぎる!」とか「わからない!」とか、
いつも泣いたり怒ったりしながら宿題をしてました。
CⅡと比べて語彙もかなり難しくなるのでこの辺りががんばりどころだったのかも。

8月から息子の日本人同級生R君が公文のReadingを始めました。
R君が始めた途端に教室に通うのが楽しみになった子供達。
単純〜。

でも、相変わらず宿題は嫌い。
飴と鞭を与えながら、なんとか続けさせた感じ。


で、現時点では娘はReading EⅠ-160辺り。
DⅠではかなり苦労したからか、DⅡ、EⅠは順調にこなしてます。


息子は長いことCⅡを繰り返しているかも。
同じところを4回くらい繰り返している気がする。。。

でも、語彙力の乏しい息子にDはまだ早い気がする。
なかなかDへの進級テストを受けさせてくれない先生、、、
実は、息子の進歩具合をかなり把握してくれているのかも。

息子は昨年7月に自分から始めたいと言ってMathを始めたのに、8月終わりくらいにはもう止めたいと言っていたような。。。

私は、自分が育った環境から、一度始めた事をすぐに止めるのは許せないの★
この辺り、夫とも意見が合わないんだけど。。。

私としては色々と考えて帰国まで公文は続けさせる予定。
息子は今はMathでE(5年生?)の分数の足し算まで進んだけど、止めたら速攻忘れそうだし。


まとめ。
やっぱり公文は子供達には効果があったと思う。
学校の勉強とは別に、フォニックスや文法の基礎が学べたし。
特にReadingのD以降は語彙も難しくなるけど、とにかく良問だなぁと感じるので。


また状況が変わったらUPします♪
[PR]

by cozySFlife | 2014-02-02 00:03 | 子供の英語学習 | Comments(0)