San Francisco Bay Area*photo dairy

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 29日

暑い

昨日はめちゃくちゃ暑くてで90°Fまで行きました。
90°Fって32°Cだから日本の夏では普通?

でも、こっちでは半端無く暑ーい!

日射しがすっごく強いので肌が強烈に焼ける感じで痛い。

「日本だと蒸し風呂みたい」
なのが、こっちだと「オーブンに入っているみたい」

車に乗っている事&車で待つ事が多い生活なので本当に、、、辛い。。。


こんな日は食欲も気力も湧かず、夕食はいつも以上に適当に(^_^;A




で、今日も、めちゃめちゃ暑かったんですけどなんと95°F(35℃)!
今日はランチをはさんで息子のベストフレンズのマイルズのお誕生日会でした。

ボーリング場でのお誕生日会で良かった〜♪


帰宅後は家の中も暑くて暑くて大変でした、、、



アメリカ南西部(ネバダやアリゾナ)では50℃の記録的猛暑で亡くなった方もいるそうです。


ここは北西部ですけど、やはり記録的猛暑に見舞われたそうです、、、




アパートのプールは9時PM近くまで遊んでいる人がいました。
(うちの子達もプールで7時過ぎまで遊んでました)




来週も暑い日が続くようです。



早めに起きて午前中に読書と公文の宿題を済ませ、夕方はプールで遊ぶ、
が、理想です〜
目指せ規則正しい生活★
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-29 22:28 | 生活 | Comments(0)
2013年 06月 28日

Netflix

昨年の11月頃まではケーブルテレビの契約をしていたんですけど、
毎月70ドル以上払って、観るのは子供向けチャンネルのCartoon NetworkかPBS KIDSのみ!

もともと私もTVを見ない方だったし、まして英語じゃ、、、

ずーっともったいないなぁと気になっていたのと、
子供達がやるべき事をやらず、ダラダラとTVを見続けては私がキレてリモコンを隠す→
ほとぼりが冷めるとまたTVダラダラ→
また私がキレる→


.....なんて事を繰り返していたので思い切ってTV視聴は止めました。

(やるべき事とは宿題とか歯磨きとかシャワーとかお弁当箱を出すとか、
またはリビングにばらまかれた脱いだ靴下とか脱いだパーカーとか
バックパックの中身を片付けるとか、、、)


当時、Cartoon Networkにはお気に入り番組がいっぱい。

NINJAGO
Scooby-Doo
Adventure Time
Ben 10
Johnny Test
Pokemon
こんなのがお気に入りの番組でした。


Cartoon Networkだけでこんなにあるんだからダラダラ見続けちゃうはずですよね(ー_ー;)

他にPBS KIDSのCurious George
The Cat in the Hat
Arthur
Martha Speaks
もお気に入りでした。


でも、TVを全く観る事が出来ないのも可哀想なのでNetflixのネット会員になりました。


1ヶ月たった7.99ドル。

これで子供番組だったら上に書いた子供達のお気に入り番組のうち、
なんとNINJAGOとThe Cat in the Hat以外全て観る事が出来ちゃいます☆
(追記:2013年11月現在はNINJAGOも見る事が出来ます☆)

ちなみにJohnny TestとAdventure Timeは最近観れるようになりました。
どんどん番組が追加されているような気がします。



人気の映画や最近の作品などはDVD会員にならないと観る事は出来ませんが、
観るのはほとんど子供達だけなので我が家はこれで十分です♪
1年くらい前に私が(遅ればせながら)ハマってた「24」とか「LOST」も全シリーズ見れちゃいます。


子供達がお気に入りの番組の中では私はMartha Speaksがイチオシ。
毎回テーマに合った、子供達には少し難しい単語がいくつか出て来て、
単語の意味を説明してくれて、教育番組っぽい。
全エピソード制覇しちゃったみたいだけどもう1回ずつ見て欲しいくらい。


毎日宿題と放課後の習い事で忙しかったので平日は一切TV無し生活。
週末の夜は2時間くらい続けて見ることもあったけど。。。



夏休みに入ったら、「やる事やったら」1時間だけ見て良い事になってます。

私のMac BookをTVにつなげて見ているので画面の大きさも十分。

日本に帰ってもそのままTV無し生活を続け、Huluの会員になろうかなぁ、
なんて思っているんですが、
子供達がお友達との話題についていけなくなるのかな〜?
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-28 23:55 | 生活 | Comments(2)
2013年 06月 28日

アメリカのKUMONのReadingレポート 〜全米上位20位って、、、

昨日、3時に子供達をサマーキャンプに迎えに行きそのままKUMONへ直行。
いつもより30分位早かったので注意されるかな?
とちょっと心配してたけど何も言われませんでしたε-(´▽`) ホッ

で、夏休み前はKUMONの前に息子の日本語レッスンがあったので遅い時間に入室していたけど、
(今は日本語レッスンはやめたので)「来週からはもっと早い時間に変えてもらえますか?」
とオーナー先生に伺ったら、
「今はもう(インストラクター無しで)independentlyにやっているので何時でもいいわよ」
と言われました。

あれ?
と言う事はインストラクター1対生徒2で見てもらっていた最初の1~2ヶ月が過ぎたら、
何時に行っても良かったって事なんですね。


な〜んだ。
私も先生とコミュニケーションを取らな過ぎるので今さら知る事もあるのです、、、ね。


さて、昨日教室に行ってみると待ち合いスペースに何やら表が貼ってありました。
よく見ると2013年3月末時点での各学年学習進度トップ20の生徒の名前と教室名が書かれてました。


そしてReading部門、Math部門ともに1本だけ赤く下線を引かれた名前が、、、、、



両方ともPreK1(9月からキンダーに入る年齢の子)の同じ名前の子です。
先日記事に書いた、ピクチャーアイを持つインド人の女の子に違いない(その時の記事→)

すぐ近くにその子のママがニコニコしながら座っていたので
「あなたの娘さん?」
って聞いたら「Yes!」


「すごーい!おめでとう!」と言ったら、
「ここの教室で生徒の名前がリストに載ったのは初めてだそうなの。」
と誇らしげに言ってました。

先生も誇らしいに違いない。

ママに「トロフィーとかもらえたの?」って聞いたら
「賞状だけ」って言ってましたけど(^_^;A


で、ママがおっしゃるには「上の5年生の娘も頭が良いんだけど名前が載るほどのレベルには届いてないのよ〜」。
日本じゃなかなか聞けないセリフだけど、普通にさらっと言っちゃうんですよね〜。



「家で何分くらいkumonの勉強しているの?」って聞いたら、

「宿題は2日分か3日分を一日で終えちゃうの。
そうすれば他の日はフリーだから。
それで、宿題をする日は2時間くらいかな。」


えー!4歳で2時間も勉強出来るなんてやっぱりただ者ではないわ、、、


ちなみにその子、今はReadingはCⅡだそうです。
娘と同じだ〜!
わ〜い♪ 天才少女に追いついた♪(って違うか(^_^;A)


で、ずいぶん長い事kumonに滞在してたんですけど、
疲れたのか難しかったのか最後には泣いて帰っちゃいました。



うちの娘も一昨日は分からなくて(と言うより私が答えを教えてあげなかったから)
くやし泣きしながら宿題やってたもん、4歳じゃ、、、ね〜。




それにしても全米20位以内だからすごいなぁと思うんだけど、
興味が湧いてちょっと調べてみたら、もしかして本家の日本の方がすごい人がいっぱいいるんじゃないかなぁ、、、


早めに終わった息子も「どこまでいったら名前が載るの?」と、表に興味津々。
競争心ある子なので、もしかして燃えちゃったり、、、しないよね…(´∀`lll)
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-28 12:43 | 子供の英語学習 | Comments(0)
2013年 06月 27日

COSTCO♪

今日は子供達をキャンプに送った後、Redwood CityのCOSTCOに行きました。
ガソリンもCOSTCOで入れるので大体2週間に一度位は行きます。

お店は10時開店だけど給油は確か6時台からOK。
10時少し前に行けば給油もほとんど並ばなくて済みます。

今日は9時50分には給油を終え、車を駐車場に停めたんですけど、
既にお店はオープンしてました。


COSTCOに行ったら大体ビールを買います。
瓶のシエラネバダなので重くて大変、、、

今日は重いものばかり買ってしまい、車から玄関まで70歩の距離を6往復もしてそれだけで疲れた〜〜〜

こんな時、つくづくガレージ付きの一戸建てに住んでいる人を羨ましく感じます。

e0240529_3562491.jpg


24本の瓶ビールを2ケース。(水の下にもう1箱隠れている)
28本入りスパークリングウォーター。
お買い得だったSun Chips30袋入り1箱。
特大ダウニー。


こちらも今回お買い得だったサンペレグリの炭酸入りジュース2ケース。
e0240529_411936.jpg

All Naturalってことで安心して、子供達にたまにご褒美であげます^^。


ちなみにこの重いものを置いているのは玄関を入ってすぐの階段。
上に上げる気力がないのでしばらくここに放置されます、、、



e0240529_435530.jpg

キングサーモンと鶏もも肉6パック入り(多す
ぎ〜)。
日本と反対で胸肉よりももも肉の方が安い。



e0240529_46028.jpg

オーガニック卵2ダース入り。これで7ドル。
アメリカは卵が高〜い。
ワイルドないちご。
卵と野菜と牛乳はなんとなくオーガニックにしてます。
それと夫がお気に入りのアルフレッドソース。
これにベーコンとほうれん草またはブロッコリーを足して簡単クリームパスタの出来上がり♪


e0240529_4111714.jpg

これは子供達が喜ぶかな〜♪
トトロとポニョのDVD英語版。
どちらも日本語で何度か見ているのでストーリーも知っているけど、
英語だとまた新鮮。
DVDコーナーはたまに掘り出し物があるので時々のぞくんですけどジブリのDVDを見たのは初めて。
他には「せんと千尋の神隠し」と「ナウシカ」と「天空の城ラピュタ」らしきものもありました。
(タイトルが英語だったので)

ちなみに近所の図書館で英語吹き替えの「トトロ」とか「せんと千尋」とか「ポケモン」のDVDも借りる事が出来ます。


空に近かったガソリンも満タンにして安心して帰って、
車からこれらの重いものを6往復して玄関に運びこんだらもう11時半(´・ω・`)=з


今日は夫が3泊4日の出張から帰ってくるので何か夕食を作らないといけません。
日本みたいなお惣菜が買えたらいいのになぁ。。。


さて、今日は何にしよ〜〜、、、
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-27 12:25 | 生活 | Comments(0)
2013年 06月 26日

Reading Log〜読書記録

私の知る限り、、、ではあるけど、アメリカの小学校の教育で、読書はかなり重要な位置にあるようです。

アメリカの小学校ってとにかく読書を推奨します。

息子、キンダーの時はほぼ毎月読んだ本のタイトルを記入→月末提出。
娘、2年生の時は読んだ本のタイトルと読んだ時間の記入→金曜日に提出。
少し発展して感想なども、、、

息子、1年生になると読んだ本のタイトルと読んだ時間の記入→金曜日に提出。
娘、3年生になると読んだ本のタイトルと読んだ時間の記入&要約やら感想やら場面のイラストやら→金曜日に提出。

それから各生徒は定期的に、担任の先生から読書力のレベルチェックを受け、レベルに合う本を借りる事になってます。
あの子はレベルKとかこの子はレベルDとか生徒同士みんな知ってます。

息子の学年末の成績表には先生からのメッセージで「毎日読書させて内容の質問をして理解度を確認して下さい」
と書かれてました。


そう言えば、先月のKUMONの保護者面接でも、「夏休みにはこれとこれとこんな本を読ませてね」
と、お勧め本の表を渡されましたっけ。



私が特に読書推奨に関して「気合いが入ってるな〜」と感じるのは、
なんと言ってもReading Logグッズが充実している事です。

アメリカ版「紀伊国屋書店」みたいな本屋Barnes&Norbleでは読書時間を記録するタイマーみたいなしゃれた物(タイマー兼ブックマーカー)が販売されていたし、
Reading Log用のアプリも充実していて、時間の累積だけじゃなく、読んだ本の記録まで残せるアプリまであるみたいです。


ちなみに私もScholasticのReading Logアプリをダウンロードして子供達の読書記録をつけてます♪

それにしてもどうしていちいち何分読んだか計るんでしょう?
日本じゃそんな習慣なかったですよ。
(私が知らないだけ?)
でも、記録を取る事で明らかに子供のモチベーションが上がるように感じられます^^;


同じ小学校1年の日本人のお友達のR君のクラスでは夏休み中にリーディングログを記入する任意の宿題が出たそうです。
(夏休み明けにプライズもあるらしい)

息子のクラスでは宿題としては出なかったんですけど、
夫と私からの毎日の宿題ってことで 今回初めて毎日30分読書する事を決めました。

ご褒美として1000分読んだら1ドルあげちゃいます。


読書や勉強のご褒美がお金ってなんだかなぁ、、、
とも思いますけど、こう言う貪欲な?モチベーションもあってもいいじゃないって事で決めました。


夏休みが始まってまだ10日程なので何とも言えないけど、二人ともすでに500分超え。
毎日平均30分以上は確実に読書してます☆

読書中は集中して静かで滅多に無い微笑ましい光景。


読んでいる本はひたすらCaptain Underpantsシリーズって事が気になりますが(^_^;A

The New Captain Underpants Collection

Dav Pilkey / Blue Sky Pr





英語の本も読んで欲しいけど、実は日本語の本もすっごーく読んで欲しいのです、、、


今までは「マジックツリーハウス(和訳)」を寝る前に読み聞かせてましたが、今後は自分たちで読む事にも挑戦して欲しい。
それと音読もして欲しい。


日本語も英語も、、、

難しいとは分かっているけど、日本語の音読をさせた時の絶望感と言ったら。。。

夫は2学年下位のレベルで考えてあげていいんじゃない?って言うんですけど、
帰国した時の事を考えるととてもそれでは、、、、、(;´Д`)


取りあえず、長い長い夏休み。
英語も日本語も楽しく読書を楽しみたいなぁ。。。。。
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-26 00:45 | 子供の英語学習 | Comments(0)
2013年 06月 25日

アメリカのKUMONのReadingレポート 〜私の満足度

今週は子供達は今年初のサマーキャンプに行ってます。
今日は日本食の買い出しに行った後は私も家でゆーっくり♪

さて、昨日は週に2日のKUMON教室に通う日でした。
夏休みが始まる前、息子はKUMONに行く前に1時間半の日本語レッスンも受けていたので
この日はダブルで勉強の習い事でした。
日本語レッスンは遊びに近かったと思われ、文句の多い息子でもOKでしたけど^^

いつもKUMONの教室滞在時間が1時間はかかる娘ですけど、昨日は1時間半くらいかかって可哀想になっちゃいました。
息子は要領が良いのか長くても40分くらいで終わるので、待ちくたびれていつも文句を言ってます。

昨日、娘はThe conductor directs the [ORCHESTRA].のORCHESTRAがどうしても分からず、
時間がかかったらしいです。
私が教えるまでオーケストラなんて言葉は聞いた事もなかったので、
つい先日の宿題でも解いたばかりだったのにすっかり忘れちゃったんでしょうね。

「どうしても分からなかったら先生に聞けばいいのに。」と私が言ったら、
「でも、自分で考えないと覚えないと思って」とまじめな発言。
その割には家だとすぐに「分かんな〜い」と聞いてくるんですけどね〜。。。


ところで、子供達は最近、KUMONの宿題をする事に全く文句を言わなくなりました。
「KUMONの宿題は終わった?」とか「KUMONの宿題したら?」とか声はかけますけど。
学校の宿題と同じで、「KUMONの教室に行く日までには絶対に終わらせなくてはいけないもの」
と思っているようです。

知らない単語がたくさんあったり、文章の意味が分からなかったりすると集中力がなくなって
怒ったりダレたりする事もあるけど、宿題にかかった時間は必ず記入することになっているので
30分くらいはそこそこ真剣に取り組んでます。


KUMONを始めて一番良かったと思うのは家庭学習の習慣がついた事かも。。。
毎日15〜30分間(最近はほとんど30分) Readingの勉強を続けるのってなかなか大変。
KUMONの教材も、初期の頃のはまとめて捨てたけど、どんどん溜まって行くのを見ると
これだけ勉強して来たんだ。。。と感心しちゃいます。


子供にはとても言えないけど私が小学生の頃は家で勉強なんてした記憶がない^^;
勉強しなくても出来たって事じゃなく、そう言う環境だったって事です、、、
宿題もめったになかったんじゃないかなぁ。私の記憶がないだけ?
でも、私が子供の頃はみ〜んな家で勉強なんてしてなかったんじゃないかなぁ。。。


それに比べると今の子達は、、、えらいなぁ。

まぁ、やりながら「難しい!きいっ!」と文句を言っている事はよくあります。
先日も私がシャワーを浴びている間にKUMONを始めた息子が、プンプン怒りながらやって来て、
「HELPが必要!」「難し〜〜〜い!」とバスルームでわめいてました(´・ω・`)=з

落ち着いて考えれば問題そのものに答えが書いてあるし、パターン化した問題なので何も難しい事ないんですけど、、、

例えば昨日、激怒していたのはこんな問題。

The tailor sways.
[ ][    ] sways.

[ ][    ]にsubject(主語)を記入すると言う問題。
tailorとswaysの単語の意味は分からないと思うけど答えは書けちゃいます。

空欄の数(語数)も幅もヒントになっているので一人で解けたんだけど、

The alligator snaps.
[       ] ____.

となると急に分からなくなっちゃうみたいで「難し過ぎる〜〜〜!」と泣きわめいていた訳です。

まだちゃんと主語/述語を勉強していないので仕方ないんですけど、
The alligatorがsnapしているんだな、と言う構造?は理解しているので、
説明したら少しは落ち着いたけど、この日のKUMONの宿題は最後まで怒ってやってました。

知らない単語もばんばん出てくるけど、時々単語の理解度チェックの項目があったりして復習出来るし、
間違えが多ければ数日後にもう一度同じページの宿題を渡されるし、
忘れても、またいつか同じ単語が出て来る事もあるので、
ボキャブラリーも少しずつ増えているように思えます。
一緒に宿題を見ているので私の勉強にもなっていて、これまたお得^^


と言う事で、私のKUMON Readingへの満足度は日増しに高まってます。
決してKUMONの回しものじゃありません^^
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-25 12:44 | Kids | Comments(0)
2013年 06月 24日

アメリカのKUMONのReadingレポート 〜宿題の丸付け

KUMONの宿題の採点はまずは親がすることになってます。
親が丸付けをした宿題も、全てアシスタントの先生にチェックされているので
丸付けをしないで提出している人もいるかもしれません。

でも、もし、採点の全てを教室でしてもらっていたら間違いの直しに一体どれだけ時間かかるか、、、
親が採点すれば間違いはその場で確認出来るし、日本語で説明してあげられます。
子供達の理解度も把握出来るのでそれほど面倒には感じません。


採点は各レベル毎にAnswer Bookを借りて行ってます。
最初の頃はAnswer Bookに頼らず採点出来てたんですけど、だんだん正解に自信がなくなり、
たまに私が丸にしたところを後で先生に×をつけられたと子供に言われるようになったのと、
何と言ってもかなりの時間短縮になるので今は必需品です^^;


ところで、「ここが分からない」と子供達に質問された時に、
その箇所だけパッと見て教えてあげる事はなかなか出来ません。
ストーリーの流れが分かってないと説明出来なかったりするし、
知らない単語もあったりします。


なので、子供達の教材は教室で済ませてくるワーク以外は全て、
事前に、または丸付け時に目を通して私自身も問題を解いています。


まるで私もKUMONのReadingの勉強をしているみたい!
実はかなり得してますよね(*´艸`*)
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-24 20:30 | 子供の英語学習 | Comments(0)
2013年 06月 24日

アメリカのKUMONのReadingレポート 〜保護者面談

さて、先月末、教室に通い始めて初の保護者面談がありました。
一人15分程度。
早い者勝ちで4日間くらいの中から希望の時間を選べます。
私の希望の日時は全く空いてなかったので、午前中の子供達が学校に行っている間に入れてもらいました。


まずはもともとの目標進度と実際の進度の比較表を渡されました、、、


結果、二人ともOriginal Goalよりもかなり早い進度で進み、面接時には娘はCⅠ、
息子はAⅡだったので学年相当レベルを超える事ができました。
(訂正→超えたと先生に言われたんだけど、実際はA=1年生、C=3年生で、学年相当レベルらしい、、、)
オーナー先生からも「二人ともすごい進歩よ!」とほめられました。

これからは難しくなっていくからもっとゆっくりとしたペースで進んで行くでしょう、とも言われました。


10枚の宿題で30~40分もかかってしまう事があるけど、量を減らした方が良いですか?
と質問したら、本人が嫌がっていないなら構いませんとの事。

毎日の宿題を10~15分で仕上げる事を目標としているのは、
それ以上かかると生徒によってはストレスを感じるのと、
親もそれ以上の時間をかける事を望まない方もいるそうです。

スタミナがある子だったら30分でも大丈夫なんだそうです。

うちの子達は、難しくて時間がかかってぶーぶー文句を言いながらも まだしばらくはこのままの量で行けそう。
面接から約1ヶ月経った今は娘はCⅡ、息子はBⅠまで進みました。



ただ、二人とも、KUMONの宿題の文章の全て理解しているかと言うとそうでもなかったりします。
文章の中に必ず答えを見つける事が出来るので大体分かれば正解を書けちゃったりするので。。。

それでも、少し前のレベルの問題は字も大きく見え、すごく簡単に感じるそうなので、
少しずつ、確実に進歩しているのだと思います。


渡米してすぐ、娘は2年生になってしまったけど、アルファベットもまともに書けなかったので、
最初の頃は宿題にも2時間くらいかかったりと本当に大変でした。。。

もしも、やり直す事が出来るなら、担任の先生と相談して、
英語の基礎が全くない娘には難し過ぎる宿題は免除してもらい、
KUMONのReadingをさっさと始めていれば良かったなぁ。

全て経験してみないと分からない事だけど、、、

KUMONのReadingのレベルが学年相当を超えたので、
娘のReadingの成績で3(Meet)がつく事を期待したんですけど、
残念ながら2(Approaching)のままでした〜。

学校ではReading特別クラスを卒業していないので仕方ないか、、、
まぁ、1学期は1(Below)だったんだから、この1年間はずいぶんとがんばりました。


ただ、Reading特別クラスでは娘が普段読んでいる本よりも、
そしてKUMONよりも遥かに簡単な本を読まされているのが気になります。。。


今年の夏休みはReadingもがんばってレベルを上げて、4年生でのReading特別クラスに関しても、
私も受け身じゃなくもっと意見や要望を言ってみたい、、、、、
と思います。
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-24 11:30 | 子供の英語学習 | Comments(0)
2013年 06月 23日

アメリカのKUMONのReadingレポート 〜学習進度

子供達が始めた3Aや5Aと言うレベルは、カラフルなイラスト付きで文字をなぞるだけとか
回答欄の上の方に答えが小さく書いてあったりします。
e0240529_36556.jpg


こんなので効果あるの?と思えるような超簡単な問題ばかり。
正直、最初の頃は簡単すぎて時間も授業料ももったいないんだけど、、、と思ってました。

後で知ったんですけど、この「簡単!」「どんどん出来る!」って思えるのが大切で、
KUMONはどの教科も かなり簡単なレベルから始めるそうですね〜。
ウチの子達もまんまとその手に引っかかり、「これeasy♪」と言って喜んでKUMONを始めました。

教室には週2回通います。
日本のKUMON教室だと好きな時間に入室出来るそうですけど、子供達が通う教室では、
先生と入室時間を相談して決めたら基本的にその時間に行かなくてはいけません。
(訂正→レベルが進んで自分で出来るようになるといつ行っても良いと言う事を後で知りました。)



毎日の宿題の枚数は子供の様子を見て先生が決めますが、多くしてとか少なくしてとかも相談できます。
大体、10~15分くらいで出来る量を出してくれるそうです。

簡単すぎるので最初の頃は毎日10ページを5分くらいで終える事が出来ました。

ひたすら毎日10ページずつ進んで、娘は3A→2A→AI→AⅡと順調にステップアップ。
間違いが多かったり時間がかかったりすると同じ宿題が2〜3回出たりしました。

AⅡ辺りから、教室滞在時間が1時間を超える事が多くなりました。
これはその日のワークを終えるのに約30分かかり、その後採点してもらうのに少し時間がかかり、
間違いが多いとやり直して再添削を待つ事を何度か繰り返すからです、、、

BⅠになるとさらに難しくなってきて、教室での滞在時間は毎回1時間以上、
宿題も40分以上かかる事もあります。
e0240529_3125056.jpg

分からない語彙もたくさんあるので私も横でつきっきりになる事も。
難しくて文句を言ったり、泣きべそをかく事も多々ありました。

学校の読書レポートで大変だった時は、娘が公文の先生に「Hardです」と言って、勝手に(公文の)宿題の量を半分にしてもらってました。
でも、読書レポートが終わったらすぐに10ページに戻してもらいました。

毎回10ページで1つの続き物の文章を読みながら問題を解いて行くので、
半分だと少ない時間で終える事が出来て楽だけど、流れが分からなくなったり、
文章中に出て来る覚えたての語彙を忘れたりして却って面倒だと娘自身も分かったようです。


さて、5Aから始めた息子。
ひたすらフォニックスの勉強をする5A→4A→3Aあたりは10枚のプリントを鼻歌まじりに5分位で終わらせてました。

2Aあたりもフォニックスの勉強でまだまだ楽勝でした。
e0240529_39417.jpg



AⅠになった辺りから難しくて「出来ない!」とよく怒りながらやってました。
ただ、息子はキンダーからゆっくり英語の勉強を始め、1年生ではみっちりフォニックの基礎も学ぶ事が出来たせいか、
AⅠに入っても、教室での滞在時間はいつも30分くらいで済みます。

息子も家でKUMONの宿題をする時はいつも私に隣に座って欲しがりますが、
やる気が出ると一人で一気に2日分の宿題を仕上げる事もあります^^

日によって難しかったり少し簡単だったりを繰り返し、
二人ともレベルアップのテストも毎回順調にパスし、気がついたら半年で1年間の目標レベルに達してました☆
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-23 23:28 | 子供の英語学習 | Comments(0)
2013年 06月 22日

アメリカのKUMONのReadingレポート 〜教室の様子など

KUMONの発祥は日本ですが、アメリカのKUMONは日本の勉強とは無縁です。
(日本の「国語」を受講出来る日本人講師による教室もあるらしいのですが。)
日本人の生徒さんは、最近同じ時間帯で始めて知り合った子一人だけです。

生徒はインド系、中国系の子が圧倒的に多く、たまに欧米系(白人)。
4歳なのに4年生レベルのReadingとMathをしているインド人の女の子がいてびっくりしたことがあります。
やっぱりインド人は算数に強いのかしら〜。。。
4歳なのに3桁×1桁のかけ算をしていたので「すごい!!!」とほめたら、その子のママが「あらそう?リーディングも4年生のレベルなのよ。」と、娘さんがしている教材を見せてくれました。
娘さんはピクチャーアイ(一目見て覚えられる)を持っているとKUMONの先生から言われたそうです。

日本人だったら謙遜する場面でも、アメリカに住んでいる人(それとも日本人以外)は、普通に子供自慢をします。
謙遜する方が却って子供の能力を否定しているみたいで変だって感じですよね〜、、、
まぁ、素直に自慢し合ってほめ合っている方がお互いにHappyな事間違いなしですよね♪


さて、アメリカのKUMONの受講料は教室によって違うようですが、大体どこも1科目100~120ドルのようです。
子供達の通う教室はMathとReading各110ドル。

うちの子達はReadingだけの受講ですけど、ReadingとMathの両方を受講している子が多いようです。
子供達はMathもやりたいって言ってるんですけど、予算オーバーなのでMathに関しては市販のKUMONのワークブックを買ってやらせてます。
(KUMONのワークブックはBarns & Nobleのネット販売がかな〜りお得。)

教室は週2回のみオープン。
オーナーの先生の他にアシスタントが7〜8人。
教室に通い始めて2ヶ月くらいまでは生徒二人につき一人の先生がついてワークを見てくれました。


各レベルは1〜200まで。
うちの子達は10枚ずつ進んでいるので最短だと20日で次のレベルに進むテストを受けられるけど、間違いが多かったり時間がかかり過ぎた箇所は2~3回繰り返す事もあるので、結局約1ヶ月で次のレベルに進む感じ。

二人とももう少し進んだら10枚ずつは厳しくなって、もっとゆっくりしたペースで進んで行くのかなぁ。
取りあえず、夏休み期間中は今のペースでがんばってもらって、新学年への準備になればいいなぁと思ってます。
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-22 00:55 | 子供の英語学習 | Comments(0)