カテゴリ:at School( 50 )


2015年 12月 21日

最後のバス通学

実は、年明けに帰国するので先週末の金曜日は最後の登校。

バスに乗り込むところを記念に撮りました。

e0240529_17565118.jpg



「こっち向いて〜」と声をかけたのに振り向かずにバスの後方に向かいました。
恥ずかしかったのかな〜と思ってたけど、後で聞いたら私の声は全然聞こえなかったらしい・・・。

一つ前の停留所から乗るはずのベストフレンドのうち二人は金曜日はバケーションで学校をお休み。
前日の木曜日に一つ前の停留所でベストフレンドとの写真を撮れば良かったな〜
忙しくてバタバタして色々な事を省略してしまってます。


娘を送った帰り道、sun risingがとても美しかったのでiphoneで撮りました。

e0240529_17571268.jpg


雲が効果的に朝日を美しく照らしてました。

e0240529_17571796.jpg


娘が中学生になって、バス通学をするようになってから約4ヶ月。
もう2度とこのルートは通らないのかな。
せつない、、、
[PR]

by cozySFlife | 2015-12-21 00:55 | at School | Comments(2)
2015年 10月 07日

バス通学のトラブル

先日の出来事。
中学校からバスで帰って来る娘。
最近は家の玄関をピンポンする時間が1分単位でほぼ安定してました。

ところが、先日は「あれ? 今日は5分過ぎているな〜」と思った頃、携帯電話が鳴りました。
知らない番号からの着信。

娘関係だろうと思いつつ、「はろー」と出てみると、お友達の携帯を貸してもらった娘からでした。

娘によると、バスの中で生徒同士の喧嘩があり、ドライバーはバスを停車させ、20分くらい動かなくなってしまったとの事。
仕方なく、ほとんどの子がバスを降り、最寄りの図書館まで歩いて来たらしい。
そこで、それぞれ家に電話して親に迎えに来てもらっているみたい。
ちなみにトラブルを起こした子はバスに乗ったままだったらしい。

すぐに迎えに行くと、携帯を貸してくれたお友達のKも一緒だったので、彼女も一緒にピックアップして帰宅しました。

どうやらバスの中で、ある男の子が他の子にパンチとかキックするような喧嘩をしたらしい。
同じ小学校出身の子?と聞いたらどうやら違うらしく、同じ学区のお隣の小学校出身の子でした。

この辺りは教育熱心で裕福な家庭が多いので、いわゆる「ガラが悪い」子がいない、平和な子供社会なはずなんですが、思春期になると色々あるんでしょうか。

次の日学校に行った娘が仕入れた情報によると、トラブルを起こした生徒は翌日detention(居残り)になったそうです。
同じバスに乗っていた娘の友達のママ情報によると、ほとんどの生徒がバスを降りた後も、そのバスはそのバス停に停まったまま、前後をパトカーではさまれていたとか。
どう言う事???

今日、子供達のスイミングの時、同じ学区(ご近所)で娘と同級生の男の子のママさんにバスのトラブルの件について知っているか聞きました。
彼女の息子さんは当該バスには乗っていなかったけど、トラブルの内容は知っていたそうです。

何かトラブルがあると、警察を呼ぶのがルールらしいです。

「その子の罰は何だったか知ってる?」と聞かれたので「detentionらしい」と言ったら、「え!?それだけ!? その子バス禁止にすればいいのに」とびっくりしてました。

その場面を見ていないので、何とも言えないけど、多分、警察沙汰にするほど深刻ではなさそう、、、
でも、銃乱射事件があちこちで発生したりして、青少年の暴力沙汰?には学校も警察もナーバスになっている、とスイムチームのママさんが言ってました。

それにしても、お友達が全員携帯電話を持っているので、緊急?連絡を受ける事も出来てありがたいです。
取りあえず、図書館に逃げ込むのも正解ですね^^
[PR]

by cozySFlife | 2015-10-07 00:01 | at School | Comments(0)
2015年 09月 01日

バス通学

娘がミドルスクールに通うようになりちょうど1週間。

生活ペースがずいぶん変わったので週末は私もぐったりしてました^^;

始まる前、私が何よりも心配していたのは、娘が朝ちゃんと起きられるかどうかでした。
何度も何度も起こして家を出る30分前にやっと起きる。
準備もバタバタでいつも遅刻しそう。
車で送るこちらもイライラ、、、

ミドルスクールは遠いのでバス通学です。
7時前半、10分の間に立て続けに来る3台のバスのどれかに乗らなくてはいけません。

初めてのバス乗車で心配だったので、初日は徒歩で行ける最寄りのバス停ではなく、ベストフレンド達が乗る一つ前のバス停まで車で送りました。

既にお友達が何人か並んでいたので安心した様子。
娘が「ドロップオフですぐに行って」と言うので、娘を下ろすと、バスに乗り込むところを見送らずにそのまま走り去りました。

バス停の周りには、車に乗ったまま心配そうに見ているママさんが何人か残ってました。
新6年生のお子さんがいるんでしょうね^^

私も、急に気になって、次の日から利用する予定の、1つ先のバス停まで先回りして待つ事にしました(笑)
3分くらいしたら、娘達を乗せたバスがやって来て、何人か生徒を乗せて走り去って行きました。

こちらにも車の中でバスを見送るママさんが2人くらいいらっしゃいました^^


息子の小学校も同じ日から始まりました。
娘がいないと息子もさっさと準備するし、朝から恒例の喧嘩もないし、いつもよりずいぶん早めに学校に行く事が出来ました☆

この日は小学校も中学校も半日で終わり。
息子をピックアップした後、初日なので娘をバス停まで迎えに行きました。

バス停には娘のベストフレンドのママ達2人も一緒に待っていました。
さて、そろそろバスが来る予定の時間。。。
と思って待っていましたがバスはちっとも来ません。
予定よりも10分以上は遅れてや「やっと来た〜〜〜」と思ったらそのバスには乗ってません。
さらに待つ事10分くらい、、、「やっと来た〜〜〜」、、、、、、、、乗ってません。
待ちきれず、一人のママが娘ちゃんの携帯に電話しました。

「いまどこなの? 近所?」
「うーん、近所じゃない、どこか」
「どこ? El Caminoは過ぎた?」
「え? 分からない」
(その後バスの中がうるさすぎて会話が成り立たず、分からないまま電話を切る)

習い事や買い物や食事などで、バスの通学路付近を何度も何度も通っているでしょうに、子供って全然近所の地理を把握してないんですよね。
ママ同士、びっくりしながら笑ってました。

さらに10分以上? 今度こそ乗ってましたε-(´▽`) ホッ
これは最終バスでした。ヒヤヒヤ

どうやらミドルスクールのバス停が長蛇の列で、乗りたいバスに全然乗れなかったようです。
無事に帰って来れて良かった〜

何時のバスに乗るのか、何分待てば良いのか分からないので、次の日からは徒歩5分くらいの最寄りのバス停からは歩いて帰って来てもらってます。

ちなみにミドルスクールの生徒のみ乗れるバスに乗って通学しているので、バスの中は安全なはずです。
が、上級生で騒いだり失礼な態度(おそらくドライバーに対し)を取る生徒もいるようです。
娘の話では、あるドライバーは結構厳しくて、帰りのバスであまりに騒ぐ子がいるので、バス停に止まったきり、20分以上出発してくれなかったそうです。
やっと出発した時は子供達の間から歓声が上がったそうです。
そしてそのドライバーは「I hate kids」と言ってたとか。。。。。

小学校時代は親の目が届いていたから良いけど、こうやって生徒だけの世界になると調子に乗る子も出てくるんですね。
そのドライバーも子供達しかいないとずいぶん大胆なことをするな〜と思ったし。。。
注意するのは良いけど、20分も止まったきり出発しないのは、待っている親が心配になるからやめて欲しいです。。。

ところで、バス通学するためにClipper Cardと言うプリペイドカードのようなものを準備しました。

18歳以下の学生は1ヶ月36ドルで何回でも乗れます。
(パスポートなどの出生日が分かるものが必要)

他には10個で1セット10ドル(youth)のトークンを買えば1乗車1ドルの計算になります。
学校に行く回数によってはクリッパーカードよりもトークンを使った方がお得です。
8月は4回しか登校しなかったのでトークンを使いました。
12月も14回しか行かないのでトークンを使った方が安く済みます。
ちなみ翌月の分の入金は21日以降に出来るそうです。


さて、早起き出来ないと心配していた娘ですが、今のところ、1回声をかけただけで毎日すんなり起きてます!
バスに乗り遅れたくないからか、今までと反対に、娘が私をせかすようになりました。

朝は人通りも少なく心配なので最寄りのバス停まで見送ってます。

驚いた事に、バス停から徒歩3分くらいのところに住んでいるのに、車でバス停まで送ってもらっている子もいます(笑)

我が家から徒歩1分のところに住んでいるママさん(以前の記事「子供の友達関係トラブル」でトラブルのあったKのママ)からも、「良かったら朝、バス停までM(娘)を一緒に車で送って行くよ! 」と親切なお申し出があったんですが、「徒歩4分くらいだし、朝の散歩は気持ちいいから」とお断りしました^^;
「うちの子達は歩くのが嫌いなの :(」とお返事いただきました(笑)

恐るべし車社会ですねε=(^。^;A
[PR]

by cozySFlife | 2015-09-01 13:59 | at School | Comments(0)
2014年 04月 04日

タイピングの朝練!Keyboard Class

現地校の3~5年生対象の早朝タイピングレッスンに、娘が応募したところ当たりました♪

本日金曜日が閉め切りのところ、ギリギリ今日申込書を持って行ったのにラッキー☆

募集の案内は今週月曜日にメールで届きました。

月曜日と金曜日の朝7時50分から8時20分まで学校の図書館で、
3年生から5年生までの50人までがレッスンを受ける事が出来ます。

昨年はなかったので今年初めてのレッスンだと思います。

朝はいつもギリギリに起きて忙しいので娘は(そして私も)迷っていたけど、
せっかくのチャンスだから申し込んでみようということになりました。

募集人数を超えた場合は抽選でメンバーを選ぶってことでした。
結果、何人応募があったか分かりませんが抽選でもれた人もいるとの事。

タイピングレッスンは家で出来ない事もないけど、
先生にコツを教えてもらって、みんなと一緒にやった方がモチベーションがあがるかなぁと期待。

2年生の息子も行きたいのに、と悔しがってました。
ちなみに2年生でも一応、学校でタイピングの練習をしているので
息子も家でタイピング練習ゲームをしていたこともありました。

でも、ブログに書き込む事もメールをすることもないので
タイピングの必要性を感じてないからか、すぐに飽きてましたね。。。(^_^;A

3年生くらいからレポートもタイピング推奨されているので、
タイピングが上手になれば手書きから開放されるし、レポートの見栄えもするし、
子供達も嬉しいかも♪

レッスンは早速来週月曜日から始まり夏休み前まで続きます☆

後でメールを良く見たら、レッスンを2回休むと抽選漏れしてしまったWaiting Listの生徒さんに席を譲る事になるそうです!
くれぐれも寝坊に気をつけなくちゃ!
[PR]

by cozySFlife | 2014-04-04 13:08 | at School | Comments(0)
2014年 02月 26日

イヤーブック写真編集のボランティア

今日、今週末で締め切りとなっているイヤーブックの編集作業を終える事が出来ました。
肩の荷が下りた〜〜〜ε-(´∀`*)ホッ

e0240529_16594636.jpg

敢えて画像を悪くしましたがこんな感じ♪
私が編集したのは右側のページ。

編集にあまり自由度がなく、「この写真は上部をカットしたかった」とか
「この写真は左をもっとカットしたかった」とか
「この文字部分はカットしたかった」とか色々と不満はあるけど、
自分で編集したので希望の写真は全部使えたのは満足♪

息子のclassのphotographer3年目。
主な仕事はyearbookに使う写真を撮る事。
そして各イベントに参加出来ない他のママさんにもお子さんの様子を見てもらえるように、
撮った写真全てをShutterflyと言う共有サイトにアップロードします。

ただ写真を撮るだけなんだけど、イヤーブックのために!
と思っちゃうので私には結構プレッシャー。。。

少しでも使える写真を撮れるように、Art in Action(図工)はほぼ毎回、
ナントカPartyもほぼ毎回参加しました。


それでも、あまり撮ってない子がいたりするので、次回は絶対にあの子のグループ写真を撮らなきゃ!
とか職人気分^^;

年が明けるとイヤーブック編集が始まるので、撮りためた何百枚と言う写真の中から20~25枚ほど選定します。
全員がいずれかの写真に写っているか、なるべく平等に写っているか、
名簿とにらめっこしながら写っている写真の枚数をそれぞれチェックして注意深ーく選んで提出!

あとは総括がどんな風に編集してくれるか仕上がりを待てばOK。

ところが、昨年は、かなーり苦労して選定して提出した写真のうち2〜3枚は定型レイアウトに合わなかったのかカットされ、
何枚かはトリミングされ、そのせいでカットされてしまった子もいたり、、、

あんなに注意深く選んだのに・・・・・と残念な気持ちになりました。

もともと、イヤーブック総括から「自分のクラスの編集をしたかったら知らせて下さい」とclass photographer宛にメールをいただいていたこともあり、
今年は息子のクラスの編集もさせてもらう事にしたのでした。


それにしてもボランティアも3年目になるとかなーりトーンダウン。
理由は自分の冴えない英会話力なんだけど、、、


発展しない英会話力のせいで、言いたい事がすっと出てこないもどかしさから
会話するのが面倒と言うか、なさけない気分になりやすいと言うか、、、


あと、今年度は苦手かも〜と感じる(ボランティア熱心)ママさんがいてちょっと居心地悪いのもあって。

最近は毎回、行く前は憂鬱な気分でボランティアに参加してます。。。
後になってみると興味深かったな〜と思うんですけど。


ちなみに娘のクラスではボランティア参加も消極的になっちゃっているんですけど、
クラスMom(以前娘とトラブルのあった子のママ)からArt in Actionのヘルパーして!と言われたので、
「こんな英会話イマイチな私で良ければ」みたいな事を言って引き受けました^^;


4年生クラスなのに意外にもヘルパー申し出がたくさんいたので1年に3回か4回だけの参加で済みました^^;
(高学年になるとクラスMomもボランティアも減っている様子なのに)


来年はもうフォトグラファーはしたくないなぁと思う一方で、
私がお役に立てるのはこのくらいだし、、、
イヤーブックの写真は私が選びたいし、、、(自分の子をちょっと多めに登場させられる♪)
娘のクラスのphotographerもしてみようかなぁ。。。

とも思ったりしてます。


とにかく、もっと自然にボランティアを楽しめたらいいんですけどね〜(;´Д`)
[PR]

by cozySFlife | 2014-02-26 01:05 | at School | Comments(2)
2014年 02月 25日

2014 Happy Valentine's Day

もう10日も前の事だけど、イヤーブックに載せる写真を撮るために、息子のクラスのバレンタインパーティーの撮影係をしました。
e0240529_17534641.jpg


イヤーブック総括への写真提出期限は1月末だったのを、バレンタインの写真は外せないからと、
無理を言って2月14日まで締め切りを延ばしてもらいました。
e0240529_17542446.jpg



バレンタインの日にはピンクや赤の服を着てくる子が多いので写真映えするんですよね♪
背景もピンクっぽくて可愛いし。
e0240529_17581875.jpg


パーティーはいきなりスナックタイムから。
2月だって言うのに半袖率高かったです。
e0240529_17544681.jpg



おやつが済んだら教室に戻ってクラフトタイム。
今回は、全米の小学生に大流行のRainbow Loomのブレスレット作り。

うちの娘にもお誕生日プレゼントの一部として買いました。
その頃(たった数ヶ月前)はまだ2年生の間では流行っていなかったのに、今や男子でもキットを持っている子がいるくらいの人気ぶり。

クラスMomスジャータの娘ちゃんがみんなの前でデモンストレーションしてくれました。
今回は指で作れる簡単なフィッシュテイルという組み方。
e0240529_17551164.jpg



左の赤い服の男の子は自分のキットを持っていて馴れているので作業も早い☆
e0240529_17554927.jpg



うちの息子も作った事があったので割と早めに仕上げました。可愛いチャーム付き♪
e0240529_1756153.jpg



レインボウルームを作った後は恒例のバレンタインカード配り。
こちらは先生へのカードを入れる袋。
e0240529_1756346.jpg



こちらは子供達用。
シューズボックスを白いペーパーでラッピングして好きなようにデコレーションしたもの。
e0240529_175744.jpg



子供達がクラス内を右往左往して、それぞれのボックスに自分の書いたカードを入れ配達してまわる様子は可愛いしかなり笑えます(≧∇≦)
e0240529_17573326.jpg



配り終えると早速、誰がどんなカードをくれたのチェック。
カードに鉛筆とか消しゴム、その他小さなプレゼントをつけてくれる子もいます。
e0240529_17575776.jpg



最後はこれまた恒例の、先生へのプレゼント。
クラスMomがお菓子やお茶や癒しグッズなどを可愛い箱に詰めて用意してくれてました。
それから生徒から先生へのメッセージボード。
こちらもクラスMomスジャータの素敵なアイディアです。
誰にでも公平な態度で接していて、気配り上手で、堂々としていて、リーダーシップのある素敵なママさんです。
双子の娘ちゃんの2クラスでクラスMomをしてくれているので大忙しで本当に頭が下がります。。。
e0240529_17583754.jpg



子供達にとって楽しいイベントでした♪
[PR]

by cozySFlife | 2014-02-25 11:27 | at School | Comments(2)
2014年 02月 04日

2014 チャイニーズニューイヤー

先週の金曜日、1月31日はチャイニーズニューイヤー。
現地校2年生の合同イベントが行われました。

2年生のチャイニーズママ達は、この日のイベントの為に学校が始まった9月からミーティングをして色々と準備をしてくれていました。

私は今年も息子のクラスのPhotographerなのでイベントの様子を撮影してきました。

チャイニーズの子達による十二支の物語の紙人形劇(パペットショウ)。
青い台の後ろに子供達が隠れてます(笑)
e0240529_323861.jpg



この日は指定されなくても赤い服を着てくる子が多かったです。
うちの子は、、、すっかり忘れて青^^;
e0240529_3305670.jpg



パペットショウの後はチャイニーズニューイヤーに関するお話やクイズ。
毎年、チャイニーズママ達のボランティアでお勉強するのでチャイニーズ以外の子供達も色々と分かってます。


クイズの後はお楽しみスナックタイム。
e0240529_333420.jpg

春巻き、揚げ菓子?、みかん、、、

e0240529_3344328.jpg



お腹が満たされたら各クラスに戻り、紙ランタン作り。
e0240529_337216.jpg



春と言う漢字の切り絵。
子供達、みな真剣な顔で取り組んでました。
e0240529_3375593.jpg



出来上がり♪
e0240529_3382672.jpg



ランタンが仕上がったら、先生が本を読んでくれました。

その間にチャイニーズママが全員の机にお年玉を配っておいてくれました。
e0240529_431377.jpg


中身は1ドル^^


チャイニーズのお年玉って相場はいくらなのかなぁと思い、マイルズのママに聞いてみたら、、、

「私はマイルズに2ドルしかあげてない。100ドルあげたって言う人がいてびっくりした。
普通20ドルとか30ドルとかかなぁ。親戚中からもらえるからすっごくお金が集まるの。」
うんうん、私も子供の頃は親戚中からもらって毎年かなーり溜まりました。

まぁ、家庭それぞれって事ですね!

うちは今年はお年玉あげてないなぁ。

マイルズのママが用意してくれた赤い紙(ついれんと言うらしい)。
e0240529_3463536.jpg

マイルズのママのお友達の息子さんが作った詩だそうです。


教室前の木が青い空によく映えてました。
e0240529_3542545.jpg



それにしても色々と準備も大変だったようです。
チャイニーズのママ、子供達、楽しいイベントをありがとう☆
[PR]

by cozySFlife | 2014-02-04 10:15 | at School | Comments(0)
2013年 12月 06日

子供の友達関係トラブル

子供がお友達との関係で悩んだり、嫌な思いをしている事を知ると、
自分の事以上にずどーーーーーんと落ち込むものです。

自分の事だと「あれ?今の態度嫌な感じ? 気のせい? ま、いっか」って流せるのに、
子供の事だと友達とはHappyに過ごせていないととても心配になる。。。


最近、娘が友達との事で悩んでいたので、ここ最近、ついつい娘とその友達の態度が気になってました。

最初に娘が「Kが意地悪で嫌だ〜」と泣いて訴えて来たのは2週間前くらい。
私も内心かなり動揺してしまったけど、実は意外ではなく、以前から私の中では黄色信号が出てました。。。

K とは4年生になって初めて同じクラスになったけど、家もすっごく近くてお互いシャイなので気が合うのか?
クラスが違う時からプレイデートに誘ってもらった事もありました。
ママも気遣い上手なとても良い方。
今回同じクラスになって母娘で大喜びしていたんです、、、


詳しい事は省略しますが、最近、Kから一方的に意地悪な態度を取られていました、、、
娘はもともとシャイな性格な上、英語がまだ流暢ではないので明らかにハンデがあります。

基本的に子供の人間関係には親が口を挟むべきではないかな〜とも思います。
もちろん、内容によっては積極的に出て行くつもりですが。

家での姉弟喧嘩、私や夫への反抗的な態度、、、娘に対して腹が立つ事も多いけど
外で、友達から嫌な気分にさせられたと聞けば全面的に見方。
本音を言えば、気分は戦闘態勢、「ちょっと、うちの娘に意地悪するの止めてくれない!?」と直接本人に言ってやりたいくらい。

実際は、そんなの大人げないし、娘の話しか聞いてないからフェアじゃない事も分かっているし、ややこしくなるし最善策を考えてみる。。。

娘に「K のママと話して! Kは私に意地悪している事をママにはシークレットだと思う。」と言われ、一瞬迷う、、、
で、結局、担任の先生に相談するのが一番じゃないかなぁと思って娘に言ってみた。

理由はKに意地悪な態度を取られているのは学校で起こっている事。
Kにそう言う態度を取る理由を聞いてみたけど"Nothing"とだけ言っただけ、
理由を言ってくれず嫌な態度を取り続ける。
この状態が2週間くらい続いている。
再度、話合おうとしたけど話してもくれない。
態度が悪化して来ている。
にらまれたりしてとても嫌な気持ちになっている、、、

この時点で私は来年度はKと別のクラスにしてもらうようリクエストしようと思っているので、
そのためにも先生に話を通しておくべき。

娘は夫にも事情を説明し、先生に言うべき事を忘れないようにメモも取り、練習してました(笑)
まずは私や夫にたくさん話せた事でずいぶんすっきりしたみたい。
学校で嫌な事があってもパパとママにすぐに話せば楽になるし、どうすればいいかも分かるから大事な事だと言う事も話しました。
娘に、一人で溜め込んでおけない程度の弱さがあって良かったなぁとつくづく思いました。。。

で、次の日、いつもはドロップオフ(子供を学校に送りそのまま走り去る)だけど、
早めに学校に着き、車を停め、成り行きが気になったので教室までついて行きました。
もしも教室にクラスメートがたくさんいて先生と話しにくかったら後で話したい事があるって言うんだよ、
と言って教室をのぞいたら、運悪い事にK本人が既に教室に。。。
一瞬固まってしまった娘だけど、「じゃあ、後で話したいって先生に言っておいで」と背中を押しました。
窓から様子を伺うと、先生としばらく話し続けてます。
2〜3分して教室から出てきました。

「どうだった?」と私。
「全部話した。先生が後でKと話すって」と娘。
「そっか、良かった」
とりあえず、安心して帰りました。


で、今日、どんな会話があったのか、帰宅後娘に聞いてみると、
まず、朝、娘が「時間がある時に友達とのことでお話がしたいです。」と先生に言うと、
「今話していいよ」と言われたので、最近Kにされた事(仲間外れをしようとする、にらむ、無視など)について話したそうです。
先生に「その事についてKに自分で言いたい?それとも先生に言って欲しい?」と聞かれたので、
娘は「Kには理由を聞いたけど教えてくれなかったし、もう話してくれない」と答えたそうです。
それで先生は「じゃあ、後でKと話すわ」と言ってくれたそうです。

そしてその後、Kと先生で話す場に娘も呼び、「M(娘)の事を仲間はずれにするのはやめて。それはとても彼女の心を傷つけるのよ。」と言ってくれたそうです。
Kは何も言わず、涙目になり、うなずいていたそうです。

娘は「今日はKはナイスだった。先生に話して良かった!」と満足してました。

娘はKを含むS、Z、そして娘の4人組でグループ付き合いをしているのですが、
この4人グループから娘をはじき出すような言動をKがしてきていました。
でも、ZもSもそれには同調せず、娘のことをかばってくれたりみんなで遊ぼうよとかKに言ってくれてたそうです。
そして今回の先生とKと娘の話し合いの後、娘がもう一度Kと話そうとしても、娘から逃げる態度を取ったKに対して
「ちゃんと話さなくちゃダメだよ!」と言ってくれたそうです。
娘に嫌な態度を取った理由を「My Little Ponyの中で好きなキャラクターを聞いたら、私のと同じ○○って言ってマネしたから」と意味不明の事を言ったKに対し、
「それはただのsimilarityでしょ!?」って言ってくれたそうです。

(そもそも娘が「KからMy Little Pony って番組を見て、どのキャラクターが好きか考えて来て!と言われた」と聞いた時から私の中で黄色信号が出ていたのよね。。。)

今回、娘は嫌な思いをしたけど、SやZ、他のクラスメート、3年生の時のクラスメートなど、
改めてナイスだ!と思った子も何人もいたし、
自分がされて嫌な事は人にしてはいけないってことを身をもって分かったし、
親や先生に思い切って話す事も大切って分かったようです。
嫌な態度を取られたら勇気をだして本人と話してみる、
それでもだめだったら大人の助けを借りる、
無視されて自分も無視したら相手と同じ、がんばって"Hi!"と言う。

お友達とのトラブルシューティングについて色々話しました。

私も勉強になったし、自分のポリシーを再認識したし。。。

楽観的かもしれないけど、今回のトラブルはこれで解決しそうな気がします。
もしも今後も続いたら、、、また先生に助けを求めます!

結局、どうしてKが娘に意地悪な態度を取り始めたのかはちゃんとした理由は分かりません。
KのママからKについて以前聞いた事や、普段のKの印象から予想はつくけどそれは憶測でしかないし、、、

でも、こういう経験を通して子供達に、自分で解決していく力がついて行きますように。


追記。その後、数日経ったけど、Kから再び嫌な態度を取られる事はなくなったそうです。
娘もKの事を恨むこともなく、今まで通り、仲よくなれてハッピーみたい。
娘は、家での強気キャラと全く違い、大人しく、自分の全てをさらけ出せる訳じゃない環境で
健気に頑張っていることを忘れちゃ行けないな〜と思いました、、、

さらに追記。記事を書いて1ヶ月以上経った頃、ふたたびKが無視してきたそうです。
Kに対し、娘が「どうして無視するの?」と聞いたら、
「先生には言わないで!」と言ってきたので、娘は「それは約束出来ない」と返したそうです。
するとKは「もう2度としないからお願い、先生には言わないで!」と言ったそうです。
それを聞いて、Kもユニークだけど、娘も「それは約束出来ない」なんて、よく言ったじゃないの!と感心した私です。^^

[PR]

by cozySFlife | 2013-12-06 23:55 | at School | Comments(6)
2013年 06月 21日

1年生のEnd of the Year Party

学年末、最後の週の水曜日、息子のクラスのEnd of the Year Partyのボランティアに行ってきました。

今回は1年生の他のあるクラスとの合同Partyでした。
合同だとボランティアも予算も効率良く使えて色々とメリットがありそうです。
ただし、両クラスのママ達の協力体制も必要ですね〜。
中心となってくれるママ達はいつも決まってます。
雑用しか出来ない私みたいな立場からすると本当にありがたいことです、、、

e0240529_16523139.jpg


今回のパーティーは教室ではなく校庭で行われました。
6人くらいで会場の準備をしました。

アクティビティーのグッズはクラスのママの私物だったり、
e0240529_1582463.jpg


別のママがネットで調達してくれたり、
e0240529_15101927.jpg


ぴったりのフォントを拡大コピーして切り貼りしてこんな素敵なボードを作ってくれたりと、、、
e0240529_15103542.jpg



手作りで楽しいアイディアいっぱい。
e0240529_15123654.jpg



アクティビティーではポイントに応じてチケットをもらえ、、、
チケットがたまったら最後にプライズと交換出来ます♪
まるでチャッキーチーズみたい?
e0240529_1515384.jpg




準備が整い、子供達がやってきました♪
e0240529_15155781.jpg




こちらは袋の中に入ってジャンプして早さを競うSack Race。
e0240529_1518021.jpg


参加してもプライズと交換できるチケットはもらえないけど、各レース1位の子はメダルをもらえます。
プライズ用のチケットをもらえないからか、1度も参加しない子もいれば、メダルがもらえるまで何度も挑戦する子もいましたよ〜。

みーんな、いい笑顔でした☆
e0240529_15205952.jpg



校庭でのアクティビティーの後は教室に戻り、スナックタイム。
e0240529_15223914.jpg


スナック準備チームのママ達がコストコに行ってピザを調達してくれたり、ダンプリングを用意してくれたりしました。
みんなが子供達の為に色々と考えてくれてます。

アメリカの子供達は学校で何度もパーティーを楽しめて本当に幸せです。
うちの子達もラッキーだなぁと思いました^^♡
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-21 23:24 | at School | Comments(2)
2013年 06月 18日

3年生合同演劇〜Where's Pluto?〜

夏休み前の最後の週、3年生全員による演劇"Where's Pluto?"の発表会がありました。

e0240529_0384067.jpg



少し前まで3年生では星や月などの勉強をしていたし、惑星がテーマのMagic School Busの本も持っているので、娘も惑星の特徴や名前を覚えたりするのも楽しかった様子。


で、今回の演劇のテーマはPluto(冥王星)。

今回の演劇の事で冥王星の事を調べるまで全然知らなかったんですけど、冥王星は2006年8月に惑星から準惑星とやらに降格されたんですね。

今は「水金地火木土天海」なんですね!
ちなみに英語だと語呂合わせに何パターンかあるみたいですけど、娘の学校では"My Very Early Mother Just Sent Us Nachos.(Mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter, Saturn, Uranus, Neptune"でしたよ^^


で、冥王星を発見したのがアメリカ人だったので(命名したのはイギリス人の少女)、 冥王星の降格をアメリカ人はずいぶんと残念がったそうです^^;


惑星の勉強と冥王星への愛着のジョークを絡めた今回の演劇は脚本・演出?ともに3年生の先生によるとても素晴らしいものでした☆


公演は2回あったんですけど、1回目は3列目で良く見えなかったので2回目も見ました。
2回目は最前列で♪
前方は3年生以外の生徒達が座っているので少し遠くなりますが。

それにしても、人種も様々なので体格も顔も肌や髪の色もバラバラ。
こういう環境って私は好きです。
e0240529_1134273.jpg



配役は立候補制だったようです。
娘は何が良いのか良く分からず、"ダンサー"を選んだらGangnam Styleをちょこっとだけ踊る役になったそうです。
Gangnam Styleも全く知らなかったんですけど、昨年世界中でヒットしたそうな、、、^^;
Gangnam StyleのイラストをTシャツに描いてとせがまれたのでがんばって描きましたよ。
e0240529_1615063.jpg


出演時間やセリフの長短差は配役によってかなり偏りがあるけど、3年生約80人全員が出演しました。


私が特に好きだったのは、娘に教えてもらって初めて知った曲"Ode to Pluto"の合唱。
家で練習する為に娘がYou Tubeで検索して初めて一緒に聴いた時、メロディーが優しく素敵で、友情がテーマの歌かと思いました。
実際の歌詞は冥王星の降格を嘆き悲しみつつ、ユーモアと愛情たっぷり。
一度聴いたら大好きになってしまいました♪


生徒達のセリフをちゃんと聞き取れていた訳ではないけど、演出も音楽も素晴らしく、45分間、低学年の子達も飽きずに楽しめる内容でした。

実際、2日後に5年生の演劇もあったんですけど、息子もお友達のR君も「5年生のPlayは退屈だった。3年生の方が面白かった!」って言ってました^^;
American Revolutionがテーマだったらしいので難しすぎたのかな?

それにしても3年生達は良くがんばりました。
娘も緊張してたけどた笑顔で踊ってたし、終わったらホッとしたって言ってましたっけ。


この日、うっかりしてビデオカメラの充電が間に合わず、仕方なくiPodで娘の出番の時だけ簡単に録画したのですが、なんと、あるクラスメイトのパパさんが、3脚で撮影したビデオを全員分DVDにコピーして下さったのです☆
本当に嬉しい贈り物でした。

私はいつも写真ばかりだけどビデオもいいですね☆
我が家の古いタイプのビデオカメラももう少し有効活用させなくちゃ☆
[PR]

by cozySFlife | 2013-06-18 23:50 | at School | Comments(0)