San Francisco Bay Area*photo dairy〜2016年1月に帰国しました

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅行:国立公園( 5 )


2013年 02月 22日

ピナクルズ国定公園

プレジデントデイの休日(2月第3月曜日)に家から南方面へ2時間ほどのピナクルズ国定公園に行ってきました。
家を出たのは9時半頃。11時半到着が目標。

公園の入り口は西口と東口がありますが互いを行き来する道路はないので注意が必要。
私たちはBear Gulch Caveと言う洞窟に行きたかったので東口を目指しました。
ベイエリアからは101→ギルロイを通り越しHwy 25 southへ→Hollisterの街を通りさらに30マイル進みHwy 146へ→146をさらに進むと右手にピナクルズ国定公園入り口が出てくるので右折→さらに少し進むと左側にビジターセンターが見えてくるのでここで入場料を払って駐車。
到着は予定通り11時半頃でした。

Hwy 25もHwy146もすれ違う車も少なく、ずいぶんと寂しいハイキングになりそうだと思っていたのに、ビジターセンター駐車場にはそれなりに車が停まってました。
目の前のスペースがいっぱいでもセンター裏手に広い駐車場があるので大丈夫。

入場料を払うためにビジターセンターに入りました。
ダメもとで国立公園の年パスを出してこれは有効?って聞いたら"Yes!"
5ドルのところが無料になりました〜♪
マップもいただき、「Bear Gulch Caveに行きたいんだけど」と言ったら、「Bear Gulch Caveに一番近い駐車場は満車なので車はここに停め、ここから30分毎に出るシャトルバスに乗ってそこまで行ってね。」と言われました。

私たちは次のバスは見送り、まずはお弁当を食べる事にしました。
いつものようにおにぎりなので結構重くて、持って行くとなると荷物になっちゃうしね。

この日は曇り時々晴れだったけど、前の週の暖かさとは打って変わってひんやり。
お弁当を食べているとだんだん寒くて冷えてきたので念の為に持って来たダウンを着込みました。

お弁当&休憩は30分くらいで済ませ、ダウンは脱いでちょうど来たバスに乗り込みました。
ちなみに実際はバスの間隔は20分でした。
が、定員30人くらいで立ち乗りお断りなので早めに並んでいた方が無難。
私たちのすぐ後でばっさり切られました:(;゙゚'ω゚'):

バスに乗って10分くらいでトレイル入り口にあるBear Gulch Nature Centerに到着。
ここの駐車場もそれなりにスペースがあるのに確かに満車でした。

私たちが進むのはBear Gulch Cave Trail。洞窟を通り、Bear Gulch Reservoirを目指す、往復1時間半ほどの楽々コース。
案内板も出ているのでトレイル入り口もすぐに分かります。
マイナーっぽい(失礼っ)公園だし、時期も時期なので人気のない寂しいコースなのかと思いきや最初から最後までこんな感じ。
e0240529_14385686.jpg

これなら迷子になる心配もなさそう^^

歩き始めてすぐにこんな景色が。
e0240529_14422446.jpg

いきなりロッククライミング☆
しばらく見とれ、また歩きます。

さらに進むと、、、洞窟!?
e0240529_14451080.jpg



と、思ったらただの小さいトンネルでした^^;


でも、だんだんとごつごつした岩に囲まれたコースになってきました。
e0240529_14463946.jpg



そしてとうとう洞窟の入り口に到着!
e0240529_1447459.jpg


全員分のフラッシュライトを取り出し点灯して、いざ洞窟へ〜


洞窟内は暗いのでもちろん写真は撮れませんでした、、、



狭い洞窟内は登り中心。
滑らないように注意して登っていたらあっという間に出口へ。
それなりに面白かったけど、子供達はもっとすごいものを期待していたらしく、「えー!もう終わり!? つまんなーい」とブーイング。

どうせハードなコースだったら「疲れたー」って文句言うんでしょーよ、、、
どっちみち文句の多い子供達です(*-д-)-з


出口を出てしばらく歩くとまたロッククライミング中の人々を発見。
e0240529_14495257.jpg

しかも、登っているのはどうやら子供。
ウチの子達も興味深そうに眺めてました。

無事に頂上に到達し、ロープを伝って降りている時に下にいた人が「あなた何歳?」って聞いたら「11歳!」って答えてました。
逞しい11歳!


しばらく進むと再び暗い岩陰に入り、
e0240529_153164.jpg


その先にあったのは細くて急な階段。
e0240529_1534071.jpg

降りてくる人をしばらく待ってから登り始めました。

ヨセミテのヴァーナルフォールのトレイルでも鍛えられたので子供達も楽々登りました☆
e0240529_155394.jpg


登りきった所にBear Gulch Reservoirがありました。
e0240529_1561474.jpg

黒っぽく見える水できれいな景色ではないけど、、、(;´∀`)


寒いのに泳いでいる物好きな人が3人もいました。
e0240529_157362.jpg



しばらく休んで、子供達は小岩でなんちゃってロッククライミングの練習をして遊びました。
まだ2時くらいだっので余裕だけど、一応、この日の最終シャトルバスは4時って事も頭に入れ早めに下山します。

帰りは洞窟を通らずこんな↓景色を見ながら山道を下るコース。
e0240529_15122634.jpg

こちらも案内板が出ているし人も多いので迷う事はないでしょう。

景色の割にはアップダウンも少なく気楽に楽しめるコースでした。
無事にシャトルバスにも乗れてビジターセンターに戻り、すぐに帰路につきました。

帰りはクパチーノのマルカイに寄ってお買い物&寒かったのでOne Pot Shabu Shabuで夕食を済ませて帰りました。
楽しい日帰り旅行でした♪


※追記 後で知ったんですけど、ピナクルズ国定公園は2013年1月10日に国立公園になっていたそうです!
どうりで国立公園の年パスが使えたはずだ^^
[PR]

by cozySFlife | 2013-02-22 11:30 | 旅行:国立公園 | Comments(0)
2012年 08月 27日

ラッセン火山国立公園〜Manzanita Lake

北カリフォルニア&オレゴン州6泊7日の旅。

6日目。
最後の目的地はラッセン火山国立公園のマンザニタレイク。
私たちが訪れた時、山火事の影響で、南ゲートから北ゲートに通り抜ける事が出来る89号線の半分くらいは封鎖されていたため、南ゲート付近の一部しか回れなかったのです。
最後に北ゲートすぐの所にあるマンザニタレイクに行ってみたかったんですよね。

ラッセン山すぐ手前の山からいくつもの煙が、、、
e0240529_158645.jpg

これも山火事なんでしょうか。

この山の後方辺りの煙はもっと厚い感じでした。


公園手前のビューポイントには消防車が数台止まっていて、消防士が山を監視ながら仲間と連絡取っている様子でした。


この先煙多し、みたいなアラートの表示もありましたが、幸い何の影響もなく公園に到着。

火はさらに広がっているのか北ゲートから1マイル先は封鎖となっていてマンザニタレイクのみ見る事ができました。


夫と子供達はすでに景色には興味を失っていたので車で待機。
私だけ湖の周りを少しだけ歩いてみました。(この状況はなかなかプレッシャーなんですけどね^^;)

湖に映るラッセン山。
e0240529_1517013.jpg

こう言うのが撮りたかったんですよね〜^^

これは確か5時過ぎだったと思うんですけど、もう少し早ければもっと空も青かったのかな〜。

火事の影響もあるんでしょうけど、それにしても静か。
e0240529_1520526.jpg


似たような写真を何枚も撮っちゃいました。
e0240529_15204752.jpg


Manzanita Lake Lassenで検索してみたら色々な方が撮影したマンザニタレイクに映るラッセンの画像集を見る事が出来ました。
私の平凡な写真と違って(汗)、どれもこれもドラマティック瞬間を切り取った素敵な写真でした。


平気で1時間くらいは山を眺めて撮影しちゃいそうでしたけど、車で家族にひんしゅくを買いそうなのでしぶしぶ戻りました、、、


先ほど、ホームページをのぞいたら、89号線は開通されたようです☆
サミットレイクや他のいくつかのキャンプグラウンドも明日オープンになるようです。


また、行けるかな?


この後はこの旅行最後の宿泊先、Red Bluffに向かいました。
[PR]

by cozySFlife | 2012-08-27 22:54 | 旅行:国立公園 | Comments(0)
2012年 08月 20日

クレーターレイク国立公園

北カリフォルニア&オレゴン州6泊7日の旅。

3日目はいよいよクレーターレイクを目指します☆
Klamath Fallsのホテルから公園南ゲートまでは約1時間。
ちょっと時間はかかりますけど雄大でのどかな景色が続くので全く退屈しませんでした。
(訂正:私以外の家族は退屈してました。。。こう言う感動が共有できないのって正直ちょっとキツいですね、、、)

ホテルを出たのが10時くらいだったので南口から入ったのは11時頃だったでしょうか。レイク周遊道路を時計周りにぐるっと回って行きます。

公園に入ってもしばらくは湖は見えません。
まだかな〜まだかな〜。。。

キターーーーーーーーーー!
e0240529_12451537.jpg


きれーーーーーーーい♪



ただ、、、、、、、、、

ご覧の通り、この日空があまり青くなかったんです。
晴れているのに空が白っぽい。
薄曇りってほどでもないんだけど、ちょっとスモークがかっているような。

e0240529_12463895.jpg


そのせいか、湖の色も青いんだけどホームページや他の方のブログで見たような濃紺じゃなかったんですよね〜。


この後も濃紺求めて各ビューポイントに立寄り湖を眺め、撮影を繰り返しました。

夫も子供達もしばらくは湖の眺めに感動していた模様ですけど、だんだん飽きて来たのか途中からは車を降りず、私だけ車を降りて撮影するパターンに^^;

ビューポイントは所々あって、駐車場もそれほど広くはないのに満車になっているってこともなく、必ず停められます。
こんなに美しい眺めなのに、ほんと贅沢。


グリーンとのグラデーションもきれい。。。。。のぞきこんで撮影。
e0240529_138626.jpg



湖以外の眺めも、、、
e0240529_1258231.jpg

あの尖った山は
なんだったか、全く記憶なし。
でも、こう言う眺め好きだな〜。

下の写真の山の頂上の小屋、微妙なバランスで建っているように見える。登ってみたい〜。良い眺めに違いない☆
e0240529_1259953.jpg

実際、登っている人も結構いて、息子は登ってみた〜いって言ってたんですけど、夫に反対されたし、とにかく暑かったのでさすがの私も素直に諦めました。
クレーターレイクでやり残した事その1でした。


すっかり車から降りる気がなくなった子供達ですが、雪を見たらテンションUP↑↑↑
e0240529_13115759.jpg

子供は雪が好きですね〜^^


ごつごつした崖と青い湖。
e0240529_13135928.jpg



・・・と、上から見てるだけでは少し物足りなくなって来た頃、唯一湖面に降りる事が出来るトレイル(Creetwood Cove Trail)がある駐車場に着きました。
他のどの駐車場も空いているのにここだけはいっぱい。
と、言っても少し待てば停められると思いますが。

このトレイルは険しい道ではないんですけど、坂がちょっと急なので行きは押さえ気味に下るのが大変だし、帰りは登り続けるのが相当キツかったです。
何しろ暑くて暑くて、今回それがさらにキツさを増しました。
行きは30分帰りは40分ってところでしょうか。

眼下に見えた美しい湖の眺めが救いでした^^
坂を降り始めてすぐに現れるこのポイントが特に青かった。
e0240529_1333051.jpg


湖面はもうすぐそこ。ボートが見えます。
e0240529_13375240.jpg


こちらのトレイル、ただ湖面を見るためにあるのではなく、ボートツアーの船乗り場へのトレイルなのでした。
ただし、人気のツアーらしく、上の駐車場にあるチケット売り場で早めにチケットを入手しないといけないみたいです。
私たちが駐車場に着いた時には既にSOLD OUT。何時に並べば当日券を入手出来たんでしょうかね〜。
やっぱり公園内の2件のホテルどちらかには泊まりたいところです。
クレーターレイクでやり残したことその2、その3はボートツアーとCrater Lake Lodge宿泊ですね。

湖面に到着〜。お疲れさまでした〜。
e0240529_13495542.jpg



下りだけなのにかなりバテました。
これはとにかく暑さのせいです。


何度も書いちゃいますが、標高高いのに、本当に本当に暑かったです、、、


おまけに湖面にはほとんど日陰がありませんでした。
休んでても休んだ気になれませんでした^^;


子供達は足を湖につけて少しリフレッシュしたみたいです。


いくら休んでも日陰がないので体力を消耗します。
引き返すしかありません。


登り初めが早速堪えました。

e0240529_1353588.jpg


視界の端に入って来る湖の青さが励みになりました。

息子は私と、娘は夫と何となくペアになって登りました。

息子は「こんなとこ来たくなかった」「ママのせいだ」「疲れた〜」と私に文句を言い続けてました。
それに応える余分なエネルギーはなかったのでスルーして登りに耐えました( ぜーぜー)


何度も水分補給と休憩で息を整えがんばって登りました。

そして予定通り40分で駐車場に戻ってきました〜。
はぁー子供たち、よく頑張ったよ☆


この後の見所はファントムシップと言う幽霊船の形をした島くらい。
光の加減なのか、ここからは湖も青く映らなかった。
e0240529_143486.jpg



一周して戻って来たところでKlamath Fallsのホテルをめざしました。

もう少しだけ涼しい季節に、青い空と濃紺の湖を眺めに来る事が出来るかな〜♪
[PR]

by cozySFlife | 2012-08-20 20:34 | 旅行:国立公園 | Comments(0)
2012年 08月 18日

Lassen Mineral Lodgeとペルセウス座流星群

北カリフォルニア&オレゴン州6泊7日の旅。

1泊目はラッセン火山国立公園の南西ゲートから車で10分ほどのLassen Mineral Lodge
着いた時はあまりのシャビーさに軽く衝撃^^;
まぁー寝るだけだし、、、ね。。。

モーテルの受付らしき建物(小屋)に入ろうとしたらドアは閉まっていて、「モーテルの受付はGeneral Store(コンビニ)で」と貼り紙があったので、右手にあるGeneral Storeに行くと既に閉店。
今度は「General Storeが閉まってたらレストランでモーテルの受付をして」と貼り紙が。
確か6時半頃でレストランも忙しそう〜。
カードで宿泊費の前払いをして鍵をもらってお部屋に向かいました。
ちなみに写真は翌朝撮影↓
e0240529_1437054.jpg


外観は今まで泊まったどんな宿よりもシャビー^^;
子供達も「えー、、、ここぉ?」とテンション急降下。

ドアを開けると、一瞬カビ臭い?、、、気のせい、と思いたかったけど夫も同意見だったので、、、(v v ;)
e0240529_1441299.jpg

キングサイズベッドとクイーンサイズベッドのお部屋でこのモーテルの中では広めのお部屋だったような。。。
簡単な食事も出来るような小さめのテーブルと椅子が3脚あったけど、ここで食事する気にはなれないなぁ^^;  
バスタブなしのシャワーのみ。シャンプー、リンス無し。
(使わないけど)電話なし、時計なし、TVなし、ドライヤーなし、ティッシュペーパーもないのは初めてかも。
でも、まぁ清潔だし、ドアの向こうは外なので閉塞感がないのが救い。
目の前に車を置けるから荷物の出し入れも楽ちんだしね。

火事がなければ翌日もラッセン火山国立公園を回る予定だったのでここに泊まる事にしたけど、そうじゃなかったら5号線に戻ってRed Bluff辺りに泊まるのが良いかも、、、お値段もその方が安くあがりそう。

なーんて思ってたんですけど、その後、ここに泊まる事にして良かったと思う事に。。。☆

さて、荷物を置いて手を洗ってさっぱりしたらお腹も空いたのでモーテル併設のレストランへ食事をしに行きました。
7時頃だったのでいちばん混雑していたのかも。
オーダーしてから料理が来るまでに1時間かかってさすがの息子も店員のお姉さんに"I'm so hungry."
と訴えた程。。。(で、やっとパンをもらえました)

息子はコーンドッグ、娘はハンバーガー、夫はステーキだったかな? 私は白身魚のソテーバターソース、、、、、、を想像してたらフィッシュアンドチップスみたいなのが出てきました(x_x ;)
私達も異常に待たされたけど、周りのお客さん達も辛抱強く待ってました^^;
暇だったので人間観察しちゃいましたよ〜。
白人以外は私たち家族だけ。
年齢層高くて服装もなんとなくヨレーっとしててお疲れな雰囲気。
もしかしてベイエリアってすごく都会?
それよりも、日本っておしゃれなんだなぁとしみじみ感じたのでした。

お会計の頃になって店員のおばちゃんが「今夜は流星の天体ショーが見れるわよ。」と教えてくれました。
そう言えば、ラッセン火山国立公園でも、ちょうど私たちが泊まった日から3日間、天の川見物イベントがあったので参加したいなぁと思ったけど、夜9時頃開始だったので諦めてたんですよね〜。
よく分からないけど、とにかく夜空は見なくちゃ★と思いました。

レストランから戻るともう9時位だったので全員がシャワーを浴び終えたらあっという間に10時位になりました。
ビールを飲んでほろ酔いだったので外に出るのがちょっと面倒になったけど子供達が流れ星見たい!と張り切っているので外に出ました。

外に出ると山奥なのにそれほど寒くない。
暗いので周りの様子がよく分からないままモーテルの明かりを避けて少し奥に歩きました。
空を見上げるとものすごい星の数!!!

しかも、もしかして生まれて初めて天の川を見たかも。。。

薄い雲かな〜と思ったけどまさしくそれは天の川銀河Milky Way。
最初は立ったまま上を見上げて見てたんだけどツツーっと流れる星を見てずっと見たくなり、
車からレジャーシートを出して来て草むらの上に敷き家族4人で寝転んで夜空を見ました。

じーっと眺めているとあちらこちらでツツー、ツツーっと星が流れて行き、、、それはそれは感動もの。
だんだん寒くなって来たので車から毛布とクッションを引っ張り出して毛布にくるまって眺めました。


あーーーーー、こんな山奥のしょぼいホテルに泊まって、本当に良かった!!!


いつまでもいつまでも眺めていたい、、、、、
と子供達と私は思っていたんですけど、夫が寒いし眠くなって来たからもう部屋に戻ろうと言うので切り上げることにしました。


後で調べたら、この日はペルセウス座流星群がピークだったみたいですね。
毎年同じ時期に見れるらしいのに全然知らなかった〜。
来年以降のこの時期は流星群目当てに人里離れた所に滞在しようかな〜なんて思ってます^^


ちなみに、次の日とその次の日もそこそこ田舎に滞在したのにあれほどの星空は見る事が出来なかった。
やっぱり山奥がベストなんでしょうかねぇ。

この後、旅行中たくさんの素敵な景色を見たけど、あの星空はベストワンだったなぁ。。。
[PR]

by cozySFlife | 2012-08-18 23:22 | 旅行:国立公園 | Comments(6)
2012年 08月 18日

ラッセン火山国立公園

北カリフォルニア&オレゴン州6泊7日の旅。
一日目はラッセン火山国立公園へ。
自宅から休憩を入れて5時間ってところでしょうか。
9時出発目標にしてたけど、いつものように遅くなり、結局9時半出発になりました。
運転交代とランチ休憩で2回程REST AREAに入りました。
ランチ休憩は5号線のRed Bluffの手前くらいだったかな?
ピクニックテーブルでおにぎりランチしようと思ったけど、日陰でも耐えられないくらいの暑さ、、、
結局車のなかでエアコンかけっぱなしで手早く済ませました。。。

ところで、ラッセン火山国立公園に行こうと思ったのはベイエリアに住んでいる、または住んでいた方のブログで紹介されていたのを見たのがきっかけ。
「地味な国立公園で、きれいなのにあまり人気がないのか人が少なく静かで穴場」と言うような感じで紹介されている方が多かったですね〜^^
見どころも何となく把握して、南西ゲートから入り、ざっくりと公園内を回り、一度公園を出て近くのモーテルに泊まり、翌日再び公園内に入り、主に北側を回り、そのまま北へ抜けてMcArthur-Burney Falls Memorial State Parkへ向かおうと思ってました。

・・・・・が!!!

出発間近になってホームページを見てアラートが出ている事に気付きました。
なんと、公園内北側で7月23日に山火事が発生。この影響で南西ゲートから北ゲートに抜ける道の一部、そして多くのトレイルが封鎖されてしまっているとの事。
山火事の原因は数日前に起きた嵐での雷のようです。
ホームページ見ておいて良かった。。。
幸い、行きたかった南西ゲート付近のEmerald Lake、Lake Helen、Bumpass Hell辺りへの影響はなさそうなのでMcArthur-Burney Fallsへは後日行く事にして予定通りラッセン火山国立公園には行く事にしました。

そう言えば国立公園初入園の私達。入園料は車1台で10ドルですが、今回の旅でクレーターレイク国立公園にも行くし、9月にはヨセミテにも行くので80ドルの年パスを購入。
(山好きじゃない夫は「えっ?」とちょっと抵抗)
ゲート係員のお姉さんに「この先17マイルから道はクローズよ。」と言われたのに、「OK。ここで年パス買える?」と言ったら、「意味分かってる?17マイル先からWild Fireで封鎖なの。」と念押しされました^^;
「Lake Helenには行けるよね?」と聞いたら「行けるわよ。」と言うので取りあえず安心して入園。

ゲートを入ってしばらくすすむと左にEmerald Lakeが現れ、通り過ぎてすぐ右側にBumpass Hell Trailの大きな駐車場があるのでこちらに駐車。
標高が高いのに暑〜いっ。車を降りた瞬間バテそうになったけどまずはBumpass Hellに向けて出発♪

・・・が、娘がどうしてもビーサンで行くと言い張り、歩くの面倒とかブツブツ言い始め怪しい雲行き。。。
すぐにLake Helenが見えてきたのでとりあえず湖へ。
山の向こうの煙が気になる。。。
e0240529_16332982.jpg


湖の周りには紫の花が、、、きれい♪
e0240529_585399.jpg


水もこんなに透明で涼しげ〜^^
e0240529_594716.jpg


しばし石投げで盛り上がる夫と子供達。
e0240529_511194.jpg


こんなにきれいなのに人もまばら。
e0240529_5135859.jpg


家族と離れて一人で写真を撮っていたけど、、、
e0240529_514406.jpg



娘がどうしても大きい方をしたくなったと言うので駐車場に戻る事に・・・(v v;)

暑さで盛り下がって来たのか私以外はBumpass Hellまで歩く元気がなくなってきたみたいなので断念。。。
残念過ぎる、、、ここにまた来る事はあるのかしら???


取りあえず車に乗り込んでもう少し先まで進みました・・・

Kings Creekの辺りは草地が広がっていてきれい♪
駐車場があったので下りてみました。
Kings Creek Fallsへ向かうトレイルがあったので気が乗らない家族を説得して?歩いてみる事に、、、
e0240529_545515.jpg

こんな小川には本当に癒されます♡
e0240529_5453189.jpg

・・・が、やっぱり結構暑くてばてます^^;
e0240529_546071.jpg

e0240529_5462417.jpg


ドーッっと滝らしき水の音が聞こえてきたので一瞬元気が出たんですけど、、、
滝に一番近いトレイルの状態が悪いので別のルートへ迂回するよう看板が出てました。
迂回すると倍くらい時間がかかってしまうので、やる気の無い子供達と夫をこれ以上進ませる勇気はなく、戻る事に、、、またまた不完全燃焼気味な山女の私でした。

行きで通り過ぎたエメラルドレイクに戻ってきました。
子供達と夫は車に残ると言うので(~ ~ ;)私だけ下りて駆け足でパチパチ写真を撮りました。
レイクヘレンの水の色はブルーだったけどこちらはグリーン。
e0240529_67199.jpg


すごくきれいなグリーンのはずなのに西日が強すぎて白っぽくなっちゃったり、逆に山陰で黒っぽかったり、、、
e0240529_675717.jpg


きれいに写る場所を探してウロウロ・・・
e0240529_692417.jpg


時間も時間だったし、お疲れモードの家族が待っていたのでこの辺で切り上げました。
次回また来る事があったらゆっくり湖の周りをお散歩してみたいなぁ。

公園を出る直前に温泉地気分を味わえるスポットがありました。
e0240529_6273236.jpg

硫黄の匂い。日本を思い出すわ〜〜〜
岩も黄色く変色しているのはやっぱり硫黄のせい?
最後にたっぷり硫黄の香りを嗅いでラッセン火山国立公園を後にしました。
リベンジするチャンスはあるかな〜。

この日のお宿は公園南西ゲートから車で10分ほどのLassen Mineral Lodge

長くなり過ぎたのでお宿については次記事に続く
[PR]

by cozySFlife | 2012-08-18 14:35 | 旅行:国立公園 | Comments(6)