San Francisco Bay Area*photo dairy〜2016年1月に帰国しました

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 15日

帰国後の英語保持とか向上とか

在米中は、せっかく苦労して身についた子供達の英語力が、帰国したらどんどん落ちていく事を心配してました。

子供の頃に英語圏で暮らせば誰でも楽に自然に英語が身につく、というのは大きな誤解です。
子供の性格にもよるし、渡米した時期、期間にもよります。

小1夏に渡米して、現地校で2年生になった娘は結構苦労したなぁ、と私は感じてます。
(本人はこどもなので色々忘れていると思います)

渡米当初は毎日隣に座り、つきっきりで2時間くらい勉強してました、、、
無駄な事をしているのではないかしら、と不安になりながら。。。

(覚えていないであろう)娘も、私も苦労したからこそ、英語力はアドバンテージにして欲しいと強く願っています。

さて、幼稚園年中で渡米、キンダーから入った息子は、娘と違い、のんびりアルファベットや数字の数え方からキンダーで教わり、
それほど苦労なく、ゆるやかに英語を習得していきました。

娘と違って真面目なタイプではないし、たまたま同じ学年に日本人が他に3人いた事もあり、最初からお気楽にアメリカ生活を過ごしていた印象です。

でも、低年齢で渡米、低学年(小3の1月)に帰国なので、英語力も小3レベル止まりなんだろうなぁと思ってました。

実際、渡米前に夫が受けたカウンセリングのような機会で、「息子さんの場合は英語も日本語も中途半端になる可能性が高く、心配ですね」と言われたそうです。
一般的にはそのように考えられているんでしょうね。

でも、息子の周りには、息子よりも低学年で帰国し、英検1級や(小4で)準1級に受かっているお友達がいます。
娘の中学の帰国生のお友達にも低学年で帰国し、英検1級レベルの英語力で入学した子が何人もいます。

今はインターネットで日常的にに英語のニュースや動画を見聞きする事が出来るし、レベルの高い英語塾もあるからなのでしょうか?

息子は昨年秋に英検準1級が受かったので、1級合格を目指して勉強を始めています。
1級はボキャブラリーも難しいし、扱うテーマも小学生には難しいですよね。。。

それでも、中身もそれなりに成長してきているので、難しいボキャブラリーを理解できる土台は出来ているかなぁと感じました。

今の(インターネットが発達した)環境だったら英語力保持ではなく、年齢相当に向上することは難しくはないのでは、と思う今日この頃です。

 

[PR]

by cozySFlife | 2018-01-15 23:28 | 子供の英語学習 | Comments(0)


<< 2015年のThanks Gi...      OracleのCafeでランチ >>