San Francisco Bay Area*photo dairy〜2016年1月に帰国しました

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 08日

母子で英検準1級受けてみた

先日、2017年度第1回英検準1級を息子(小5、帰国後1年半)と一緒に私も受けてみました。

息子に過去問をやらせてみると、合格の可能性はかなり微妙。
特にエッセーは主張が意味不明。。。「このthey とかthemって誰?何?」とか、、、
お題の条件の「次の4つのポイントのうち2つを使って書きなさい」を全く無視して、勝手に理由付けしてたり。

それでも、周りのお友達(帰国または在米)が続々小4で準1級を取っていたりしたので、「挑戦してみる?」ってことで受験申し込みしました。

合否微妙と思いつつ、受験料も高いので出来れば一発合格して欲しいと言う願いで、過去問とか問題集を使って対策しました。

まずは娘が準1級を受けた時に使ったこちら
上は7日間完成とある通り、薄い問題集なので、その後こちらも追加
1回に3日分ずつくらいしてもそれほど負荷はかかってなかった様子。

で、英検のホームページに出ている過去問過去3回分を2回ずつ解かせました。


過去問の採点をしていて、わからない語彙とか、復習させたいな。との思いで、息子が間違った問題を中心に、
息子のために難しそうな語彙を書き出してみたりしました。

そんなことしてたら、急に「私も受験してみようかな」という気になりました。

私は大学生の時に英検2級の1次に受かったものの、2次では全くしゃべれず、2回も不合格になり、その後2度と英検に受かる気がしなかったので、一度も受けないままでした。
今、息子にとってハードルの高い試験を受けさせているのだから、私もがんばってみたら、息子も頑張ってくれるのでは???
と思い、衝動的に(締め切りギリギリに)受験申し込みをしました。

ライティングは自己採点出来ないけど、リーディングとリスニングは行けそうでした。
英検用の勉強は過去問を1回解いただけなんですけど、普段から英語に触れている気がするのでなんとかなりそうでした。
どう触れているのか、と言うと、子供の宿題を(勝手に)見たり、子供が英語塾で推奨されているニュースサイトを見てみる、とかなんですけど、
こんな程度でも意外とボキャブラリーのアップに役立ったりする気がします。

さて、受験票が届いてホッとしたのもつかの間、息子と私の試験会場の場所は同じなのですが、建物が別になっていました。
同じ敷地内なので問題ないかもしれませんが、個人情報の記入のため、ギリギリまで息子に付き添いたかったので(because息子、日本語苦手)、
メールで試験教室(建物)の変更を依頼、その後お電話をいただいて変更を確定していただきました。

息子の個人情報記入後、自分の教室に戻り、試験を受けました。
問題を解きながら、「これ、息子に分かるかなぁ」など考えてしまいました^^;

受験した印象では、私はライティングがボロボロだったかも。。。
最終的にラインティングの時間が押してしまい、序章と結論を全く同じセンテンスで記入することになりました。

後で娘にこの事を話したら、「え?ママそれはダメだよ、序章と結論は違う言葉で書かないと。全く同じなのはダメ」
中1にライティングをダメ出しされてしまいました。

息子のライティングの内容を聞いたけど、どうなんでしょ。
全く予想つきません。

ちなみに自己採点によると、息子リーディング31/41(Part1: 21/25, Part2: 5/6, Part3: 5/10)
リスニング21/29(Part1: 11/12, Part2: 6/12, Part3: 4/5)
ライティング次第かな???

私リーディング36/41(Part1: 20/25, Part2 6/6, Part3 10/10)
リスニング24/29(Part1: 11/12, Part2: 10/12, Part3:3/5)
ライティングが全く自信ないです。。。

ちなみに息子がボキャブラリーが結構出来ててびっくりしました。
リーディングPart3があまり出来てないのは読解問題が面倒に感じたのかもしれない。。。

とにかく、息子と一緒に1次突破すると嬉しいなぁ♫

[PR]

by cozySFlife | 2017-06-08 01:31 | 子供の英語学習 | Comments(0)


<< 母子で英検準1級受けてみた結果      中学校生活 >>