San Francisco Bay Area*photo dairy

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 10日

アメリカのKUMONのReadingレポート〜苦戦

以前から子供たちはKUMONのMathもやりたいって言ってたんですけど、
Mathも受講するとなると毎月一人で220ドルもかかってしまうので予算オーバー。
なので市販のKUMONワークをやらせてました。
二人とも自称「Mathが得意」(笑)

先月末あたり、また息子のMathやりたい願望が強くなったみたいだし、
教室ではいつも30分ちょっとでワークも採点も直しも済ませちゃうので
時間のかかる娘を待っているのも退屈そうだったし
色々考えて、せっかく意欲があるんだからお試しでさせてみようかなぁと思い、
急遽、7月から息子だけ算数も始める事にしました。

娘はReadingだけでもかなり時間がかかるので本人も納得して今まで通り市販のワーク。
細々と「Math得意」と思い続けて欲しいなぁ。
私みたいに小学校高学年で「算数苦手、私って頭悪い、、、」と思い始めると
そのまま高校まで「数学苦手、全然ダメ〜」になり、
その後の進学の選択肢を狭める事になっちゃうから。


で、息子は簡単な割り算までは出来るのでテストの結果
A〜C教材までが息子のレベルに合っているらしく、
心地よく始めるために足し算、引き算のみのA教材からスタートしましょうって事になりました
ずいぶん簡単そうに見えたので10枚10分以内で出来るかな〜
なんて思って夏休みってこともあり、しばらくは1日20枚宿題やらせますって言ちゃいました。


で、数日間はは順調だったんですけど
引き算に入ったら時間がかかるようになりました。
どうやら引き算が苦手だったらしい、、、


10枚で15分くらいかかるようになり、一日2セットすることに文句を言い出しました。


プラスReadingもだんだん難しく感じるようになったみたい。


先日、子供達をサマーキャンプに迎えに行き、KUMONの教室に直行。
Readingのみの娘とReading+Math2セットの息子は同じくらいに終わるかなぁ
なんて思っていたら娘が40分くらいで全て終えたのに
息子はちっとも戻ってきません。

ちなみにこの日の娘のワークは宿題でやったばかりの単語総復習だったので
間違えも3つだけですんなり終わったのでした。


息子は1時間たってもまだ戻って来ない。
娘が様子を見に行ったらReadingでつまづいていたようです。

そしてしばらくすると、私のところに来て「もうやりたくない!」と怒り出しました。

「自分でMathをやりたいって言ったんだよね?」
「違う!Reading! 難し過ぎる、5ページしかやりたくない!(今は10ページずつ)
あと、Mathも2つも(20ページ)やるなんて言ってない!」
と言って待ち合いスペ−スから動こうとしません。。。


息子の席に行ってやり残したワークを見てみると
Math1セットは白紙のまま残っている。
って事はまだ全部終わってなかったんだ〜〜〜。
(もう1セットは解き終えて採点中)

Readingは採点済み。
中身を見てみると、初めてのストーリーだけど
今までに何度か取り組んだ事のある形式の問題ばかり。

ただ、間違えの内容が集中力を欠いているようなものばかり、、、
単語を並び替えて丸写しするだけと言う問題で
The mice eat the cheese.とするところを
The (mice書き忘れ)eat the chees(スペルミス).と書いて2つ×もらったり
他にも似たような間違えがたくさん。

相当イヤイヤお疲れモードのようです。。。

オーナー先生に言って、途中で切り上げて帰りました。
こんな事は初めて。


その日は帰ってからもKUMONの事でずっと怒ってました。

翌日はケロッとして、でも宿題はしぶしぶ取り組んでました。

娘もKUMONの宿題でつまづくとイライラして怒ったり宿題減らして〜と言います。
KUMONの宿題以外でもつまづくといつも私とバトルします、、、
でも、基本的には英語が出来るようになりたいと言う意欲がありコツコツタイプ。
宿題や勉強をめぐって私とバトルして
「ふん! もう何もしない、別に出来なくていい!」
と言っても1時間もしないうちにケロッとして結局はその日のノルマをこなします。


息子はまだまだ幼くて自分だけやらされていると思っているので難しい。
要領が良い方で勢いがあればサクサクこなせるけど
コツコツやるとか地道に練習とか嫌いなタイプ(スポーツでも)。


日本はまだ夏休みじゃないんだよ、みんな学校に行って勉強しているんだよ。
学校でパーティーとかないんだよ。
水曜日もお昼前に授業が終わったりしないんだよ。
金曜日だって宿題が出るんだよ。
夏休みもいっぱい宿題が出るんだよ。

と言って、今の小学校生活の「ゆとり」具合を伝えてます。


学校が始まったらReadingは1日5ページに減らそう。
でも、夏休みの間は10ページづつがんばろうね。
息子のMathは次の宿題は20ページがんばって、その次は大変だったら10ページに減らそうね。
と言う事にしてます。


次のレベルに進んだら1ドルのプライズをあげることにしたので
二人ともそれを楽しみにしているけど計画通りに行くのかな?


私も「すごくがんばっているね!」と褒めたり持ち上げたり、
バトルになると「日本の小学生はもっと大変なんだよ〜!」と言ってみたり、
ついつい矛盾した事を言ちゃうダメダメ母。

でも、今は大変だけどいつか二人がやってて良かった〜と思ってくれることを信じて
こうしてお尻をたたく毎日。。。
[PR]

by cozySFlife | 2013-07-10 12:17 | 子供の英語学習 | Comments(0)


<< アメリカのKUMONのRead...      夏休み3週目 >>