San Francisco Bay Area*photo dairy

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 28日

Read-a Thon その後〜多読中

1週間少し前に始まった、小学校でのイベントRead-a-Thon。たくさん読んで寄付を募ろう!

もともとそれほど読書が好きじゃなかった子供達(特に息子)。
でも、イベントが始まったばかりの週末は、二人とも一日2〜3時間くらい読書をしていて飛ばしすぎてすぐに息切れするんじゃないか、、、
と思っていたのになんとその後もモチベーションは下がらず、10日間でそれぞれ1400分、1200分越えました☆
今までは「少しは本でも読みなさ〜い!」と言っていたのに、イベントが始まって以来、
「本はもう止めていい加減に寝なさ〜い!」と言わないといけないくらい(笑)

これだけ読むにはもちろん家にある本では足りず、図書館に何度も通って何十冊も本を借りては返しを繰り返しました。
子供達と一緒に選んだ事もあるし、子供達が学校に行っている間に私が図書館で選んだ事もありました。
さすがに私も子供達のスキルで心地よく読める本や好きそうなストーリーが分かるようになりました♪
子供達の英語力では1冊に何時間もかけるような本は読めず、短くて5分くらいの絵本、最長で1時間の簡単なチャプターブックです。

娘は簡単なチャプターブックまでは一人で読めるようになったけど、息子はまだまだ怪しいので半分くらいは私が隣に座り、声に出して読むのを一緒に聞いてます。
「これなんて読むの?」と聞いて来る事もあるけど、間違えたり適当に読むのを直すと息子はだんだん切れ始めます^^;
withとearthの"th"をなぜかわざわざ"f"の音で発音する(ウィフ、アーフみたいな感じ)ので指摘すると、
「ちゃんと言った!」とすごい剣幕で怒ります、、、
earthはともかく、withは頻繁に出て来る言葉なので何度も何度も「また"f"って言った。"th"だよ」と私が指摘→「ちゃんと言った!」と息子。

じゃぁ、って事でビデオに証拠を記録して「ホラ!」なんてやって、チクチク指摘した甲斐あって、
なんとか正しく言えるようになったのでした。

それにしても時間をかけているだけあって、この10日ほどでめきめきとリーディングスキルが上がっている子供たち。
「本を読みたい」と言うよりもminutesをかせいで記録を増やしたい一心で熱心に読んでいるようなものだけど、まぁ動機はなんにせよ、読むクセがついたのは良い事だ。
親にとってはなんともありがたいイベント。

そしてこのイベント、なんだかんだ言ってメインの目的は募金を募ること。
子供達がこんなに熱心に読書してがんばっているんだから(学校に)寄付してやるか、、、なんて気にもなる。
(その他の寄付も頻繁に要求されるが、、、)
読書量だけじゃなく、この募金部門でもがんばりたいと言い出しだ子供達。
(この部門で好成績を収めるのは難しいが、、、)
週末、なんと近所のスーパー周りで募金活動に出向きました。

声がけ、自己紹介、寄付のお願い、リストに名前を書いてもらう、お礼(断られた場合も)のやり取りも何度か練習していざスーパーへ。
夫が付き添ったんだけど遠くから見守るだけ。

で、なんと、見ず知らずの人3人から、二人合わせて31ドルも募金を集めました^^
お一人で20ドルも下さった太っ腹な方も!
(ちなみに推奨お一人様50ドル〜と高額ですが、そんな図々しい事は頼めませんね^^;)

「悪いけどお金はあげられないよ」って断られても凹まずに「聞いてくれてありがとう」って言うんだよ、と準備していたのにそんな必要はなかった。
見ず知らずの子供達に寄付してくれた心温かい皆様に感謝感謝です☆

そして、自分のためではなく学校のために見ず知らずの人に声をかけお金下さいって、子供達もよくがんばったわ。
残りあと4日間たくさん良い本読んでがんばろー☆
[PR]

by cozySFlife | 2013-01-28 12:50 | 子供の英語学習 | Comments(0)


<< Read-a-Thon 結果      息子初めてのPlay Date >>