San Francisco Bay Area*photo dairy

cozysfca.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 21日

息子の英作文

今日、息子が学校で書いた作文の一つを持って帰って来た。

スペルも文法も色々間違ってるけど一応センテンスになっている。

単語が分からなくても自分で作ればいいや。^^

先日の保護者面談で「グレードレベルに達している(一応、標準ってこと?)」と言われた息子の作文はまだまだこんな感じ^^;


I love trick or treatding (trick-or-treating)  ←ピリオドなし

Beckas (Because) other People(people) gethet(givedのつもり、gaveだし、、、) candee (candy) ←ピリオドなし

But I love lelobet (little bit) cande (candy) Beckas(because) my mom sed (said) it is not god (good) for you (meだよね) ←ピリオドなし

Bat (But) I love Kitkat and m (m & m) and I saw Gost (ghost) costomoon (costume) ←ピリオドなし

I sckrlem (scream) Aaaaaaaaaaa Gost (ghost) ran (run)←ピリオドなし  


「ボクは(ハロウィンの)トリックオアトリートがだいすき
だってほかのひとがおかしをくれたから
でもぼくはおかしはすこしだけすき(あんまり好きじゃないって意味らしい)、だってママがそれ(おかし)はぼくにはよくないっていったから
でもぼくはキットカットとMがだいすき あとぼくはおばけのコスチュームをみた
ぼくはアーーーーーーおばけだーはしれ ってさけぶ」


まるで暗号だけど、この年代の子はスペルの発明の名人らしく、こう言う自分で作ったスペルをinventive spellって言うそうです。
candeeとかsedとかはスペルとしては間違っているけどあえて発音すると同じ音になりそうだし。
先生はこんな暗号みたいなスペルも理解しちゃうんですよねー、尊敬!


息子がもっと大きくなってちゃんとした英作文が作れるようになった時にこの英作文を見たらどう思うのかな〜^^
[PR]

by cozySFlife | 2012-11-21 18:37 | Kids | Comments(0)


<< Golden Gate Bidge      現地校での面談 >>